2017年マイラーズC レース展望

JUST競馬予想ブログ

マイラーズC -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

恐ろしく、逃げそうな馬が見つからない、いやな予感がしないでもない好カードは、イスラボニータが行けばそれなりの流れになっても、ブラックスピネルの再びの逃げとなって、それを追いかける馬がいるとは思えない。
ただ、同じ流れになったとしても、東京よりも京都の方がトータルの時計は速くなる。
ある意味、伏兵の押し切りというのは、京都の方が望み薄である。

実は一番速い可能性のあるプロディガルサンは、金鯱賞の内容がなかなか評価しづらい、流れに対するアプローチは合っていながら、それに応えられなかったという面で、案外距離の壁が兄よりはっきりしている可能性も露見したように思う。
距離短縮、川田騎手のオーソドックスな好位差し狙いでも、前走のような見どころのない直線にはならないだろう。
これが軸ということで、その相手はどうすべきかと頭を巡らせてみたのだが…。

腐っても鯛ではないが、ダノンシャークや今回も登場するフィエロなど、京都外回りのスピード戦を得意とする馬は、かつての中山記念のように何度でも来る。
エアスピネルはその筆頭であり、正しくリピーターに合致する実績の持つ主なのだが、それと同じくらい、競馬の上手なイスラボニータにも適性を感じる。
セントライト記念を勝ってからというもの、距離云々ではなく、持てるポテンシャルの出し惜しみの繰り返しではあるが、最近また、関西圏の主要マイル路線で復活しそうな気配を見せている。

◎プロディガルサン
○イスラボニータ
▲フィエロ
注エアスピネル
△ヤングマンパワー、サンライズメジャー、ダッシングブレイズ、ブラックスピネル

まあ、寄る年波には敵わないという結果に、本質的な勝負弱さが重なるといったところか。
誰がどうということではなく、勝ちに行きたくないという気持ちを捨てないと、結局、いつもの通りの結果しか出ないように思う。
フィエロだけは、いつものローテではないから、意外な勝ち星を得られる可能性があるが、中京の結果は案外平凡だった。


■ 話題の競馬指数を検証

WIN5で200万馬券を的中させ、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方