2014有馬記念展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

有馬記念展望

読了までの目安時間:約 2分

 

ジャパンカップ回避組の有力馬では、ゴールドシップとウインバリアシオンが筆頭か。
前者は凱旋門賞を使ったこと、後者はコンディショニングに時間を割く必要があったため、適性面を考慮して有馬記念を狙い撃つローテーションをとってきた。
今のシップなら普通に位置をとれると思うし、バリアシオンは春の出来であれば、展開如何では悲願成就なるかという局面を迎えることだろう。
ただ、JC組は強力かつ余力十分。今年も面白いレースになる。

別路線からはトーセンラーやラキシスも参戦予定で、ディープ産駒ではあるが、例年よりは秋の開催をしていない分馬場の保全がなされているので、今年は大威張りで多数出走も考えられる。
その中で、出否微妙もジェンティルドンナ参戦の可能性が出てきた。
恐らく、ここ数年のステイゴールド天国だった馬場状態なら出て来るはずもないのだが、今の彼女には中山の高速馬場は味方するように思う。ブエナビスタより戦法の選択肢が多い。
週末の馬場確認で意思を決めるだろう。

さて、JCは掲示板全て日本のGⅠ馬がジャック。その中で、途方もない破壊力で真の古馬トップホースを粉砕したエピファネイアは、取捨選択における最大のキーホースとなる。
見方によっては、父のようにスイッチさえ入ってしまえば楽勝だろうという見解もあるだろうし、母の性質を考えたらやっぱり中山では割り引きが必要だろうし…。
一応、後の方の見解をとる方が整合性がとれている気もするが、馬券を買う時に考えればいいこともある。
あとは、ワンアンドオンリーとフェノーメノを押さえておけば、3つある馬券対象の2枠分は埋まるはずだ。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方