2017年優駿牝馬(オークス)レース展望

JUST競馬予想ブログ

優駿牝馬展望

読了までの目安時間:約 3分

 

フローラSを見る前に感じたこと。
それは、桜花賞はタフなレースであり、マイル適性だけではなく、スピードを活かした粘っこさであり、距離を超えた重厚な末脚が、傷のないパーフェクトフィリーの上手さを封じるチャンスが生じた結果だから、見たままを鵜呑みにはできないにせよ、ほぼその結果をベースにオークスを展望すれば、実は事前の大方の予想の通り、そっくりそのまま桜花賞上位組の組み合わせで決着する確率は、例年の傾向くらいの数字になるのではということ。

結局の話、アドマイヤミヤビやカラクレナイが力を出し切れたのかどうか難しいという結果ではあっても、GⅠ上位組がそっくりまた上位独占では、余程の好転でもない限り、それらの立場を揺るがすことはそう容易ではないのだ。

軽い競馬ではなかったから、中5週で、反動の逆算は必要で、連敗のリスグラシューは、3頭の中では一番余裕があって、残るGⅠ馬2頭はトントンの調子か。
そうなると、久々にホームゲームとなるソウルスターリングには、一変で快走のレーヌミノルよりもさすがにアドヴァンテージがあると思われる。
きっと、本当に厳しいのであれば、ソウルスターリングは無理してでも使おうとはしないだろう。
今後の目標は、その他大勢と似たようなところに置くことになったからだ。

だから、結局また例の3頭の可能性はあるのだ。
レベルの高い年ほど、上位は安泰というのが、牝馬路線の鉄則である。
トリッキーだった桜花賞は、時計勝負でトリッキーではなくなった秋華賞と同じようにジレンマを抱えることはなくなったから、健康体で実力も伴っていれば、トライアルは除き、本番での好走は約束されているのである。

時計に及ぼす影響を図るべきフローラSとなったが、スローで末脚不発の有力馬と、内をうまくついた人気薄の台頭…。
何度も見てきた、これでは本番は…、というちょっと寂しい結果なので、競って強いモズカッチャンが乱戦で台頭する以外、桜花賞組しか買えないオークスになるだろう。
ハイペースの桜花賞の後は、よく遅くなるものだが、今年はマイルで基本能力を示した馬が多く、荒れないように思う。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方