2017年京都新聞杯 レース展望

JUST競馬予想ブログ

京都新聞杯 -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

東西とも、ダービー最終便は12頭立て。
青葉賞はハイレベル決着。
上位2頭は結構人気にもなる可能性もあるし、どちらの組も中身が伴っていないと、数合わせのにぎやかしにすらなり得ない。

今年は例年よりも、2200M以上の条件戦で実績のある馬がインヴィクタのみという組み合わせだから、ダービーの有力馬を送り込んだ毎日杯の4着馬・プラチナムバレットは、人気になる要素は揃っているが、あまり逆らうことはお勧めできない。
ディープ産駒もいないことだし、この馬の安定したレースぶりは、ここでは大きな武器となる。

デビューからコンスタントに使われ、なかなか勝ち切れない競馬が続いていたが、姉のスマートレイアーがそうであるように、使われていく中でいくらでも競馬がうまくなるタイプ。
勝ち味に遅いところでは、実際のところ、マンハッタンカフェの産駒でより当たり外れが大きくなりそうなところがあるようで、好位抜け出しのオーソドックスな競馬ができる馬だから、結果的に姉弟とも似た結果を残すことになった。
前走は、本質でそういう点が似ていそうなエクレアスパークル<ハーツクライ産駒>の追撃を凌ぎきった。

重賞の分だけ、ライバルは増えることになるが、同時に、自分の良さがより活きる競馬を自在に作れる強みは、格上がり初戦でこそ発揮されるとも思える。

◎プラチナムバレット
○インヴィクタ
▲ダノンディスタンス
△サトノクロニクル、カケルテソーロ、ゴールドハット

距離相応の重厚な印象の馬が多い組み合わせだけに、早い段階で器用さを示したインヴィクタ、ダノンディスタンスなどには、距離延長で活きてくる経験に期待が持てる。
オッズが読みづらい部分もあるが、早々1勝馬に出番はなく、休み明けも馬券にならないレース傾向があるから、自然と買い目は絞られる。

プリンシパルSはダイワキャグニーを再評価。
弥生賞はとんでもないスローで自滅。東京で同じ流れになったところで、揉まれる心配はいらない。
逃げるくらいの行き脚で抑えずに走らせれば、結果は自ずとついてくるはずだ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方