2017年安田記念展望

JUST競馬予想ブログ

安田記念展望

読了までの目安時間:約 3分

 

クイーンエリザベスⅡ世C優勝のネオリアリズムが、こちらの路線に回ってくるのか、馬場適性、レース間隔諸々を考慮し、宝塚記念以後のレースに照準を合わせてくるのか。
実際のところ、結構重要なポイントである。

ミッキーアイルは引退し、モーリスもいなくなったのだから、それより若い世代の台頭を願うばかりなのだが、元より、6、7歳になって完成期に入った馬に総合力の勝負に持ち込まれると、その昔の実績で何とか凌ぎきれるという結果が昨年も出てしまったから、若手には必ずしも、底力のマイルは簡単に攻略できる舞台とはなり得ないという証明が、この安田記念はすでになされているように思う。

何かを勝った後に、ここでまた復活する。
出世している過程でここを勝ちとるという馬は、余程の名馬か、単なるダークホースのどちらかである。
名馬のためのレースに今年はなり得ない構図なのだから、ネオリアリズムの完成度はそのまま、レース展望の根幹を形成することになるわけだ。

いないと仮定して、ミスター前哨戦のサトノアラジンにチャンスがまだ残っているのか、復活のイスラボニータ、期待がやや先行しつつある東京新聞杯の4歳トップスリーなど、いつもは着止まりのマイラーズC組の台頭はあるのか。

帯にはもちろん、襷にも足らない身の丈というのは何とも残念だ。
GⅠで足りる根拠ある能力は、古馬の重賞戦線で証明できるものとは限らない。
一変の可能性を感じさせるオーラのようなものは、正直、まだ見られないのだ。
ロジチャリスで足りてしまうようでは、ちょっとゾッとしてしまうようなレースレベルとなってしまう。
強いて挙げるなら、マイルGⅠは初の参戦となるステファノスが、2000Mの平均ペースで普通の抜け出しができたことが強気になれる、というくらいの推し材料があるのみ。

モーリスがいないだけで…。
京王杯SC組では、それと同厩舎だったキャンベルジュニアが、パワー勝負に持ち込んで1400巧者に肉薄できれば、穴で面白いのだが、1戦多い気もする。
まずは、何が逃げるのかというところから、予想の組み立てが始まるレースになる。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方