2017年京王杯スプリングC レース展望

JUST競馬予想ブログ

京王杯スプリングC -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

◎キャンベルジュニア
○ダッシングブレイズ
▲グランシルク
注サトノアラジン
△ロサギガンティア、ダンツプリウス、トーキングドラム、レッドファルクス

クラレントがガンガン押して出ていったところで、重賞を勝てていた頃の走りはできないから、出方如何では引いてしまう可能性さえある。
いい頃を知っている岩田騎手がずっと乗っているので、気分よく走らせてあげることを考えているはずだ。

乗り方は難しいように見えるキャンベルジュニアには、今回が初騎乗となるルメール騎手が跨る。
とても出来が悪いようには思えないが、前々走の準オープンより1000M通過が2秒も違うのに、ダービー卿CTの2着の内容は、前年に鞍上が耐え切れずに先行させて唯一の惨敗を喫した時とは、馬の粘っこさが違うことを示すように、平凡なレースにしては、実力で好位差しをした2着のように見える。
シュタルケ騎手には、逃げて馬のリズムを作ろうという概念そのものが、そもそも自身の競馬観に備わっていないだろうから、大事に乗ったというより、無難にレースの流れに乗ったつもりだろうが、この馬の前向きさを考えたら、これは苦しい競馬であったことは明らか。

そういう馬だけに、恐らく得意だろう東京1400には、堀調教師は長いスパンで見た時にリスクがあると考え、一度たりとも参戦してこなかった。
ルメール騎乗。
根拠のある先行策なり、思い切って後ろから行くサトノアラジンのレース選択など、騎手とのコミュニケーションの中で選択肢は挙がったはずだが、肝心の賞金加算を第一とするならば、前記のスロー見え見えの展開で、差し馬にも人気が集まる組み合わせで、いちいちそれを選択することはないはずだ。
こういう距離でこそ狙うべき馬であり、凡走しても、今度は距離を戻した舞台での躍動に繋がる可能性を引き出した策に、全く以って抜かりのない勝負気配を感じる。
これを名采配と言わずして何という、といったところだ。

スピード勝負になるだろうし、昨年の好走馬より、違う路線から参戦した同年代をより多く押さえたい。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方