2017年平安S レース展望

JUST競馬予想ブログ

平安S -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

まずまずの好メンバー。
名古屋で再び小回り適性の違いを示したケイティブレイブやそれに続いたピオネロ、アンタレスS不発もルメールで人気になりそうなグレンツェントに、クリソライトやアスカノロマンなどこのレースのレギュラーに加え、ダート4戦楽勝のグレイトパールなどなど。

クリノスターオー、ロワジャルダン、ロンドンタウンなどもいるし、お金が底をつくほど流す相手は豊富だ。
有力馬には名手が乗るという構図は、ほぼGⅠの形式と同じ。
が、1900Mの重賞となると、その特殊性は増す。
ここは同じ距離を使っていた組から、

◎ピオネロ
○ケイティブレイブ
▲アスカノロマン
注グレンツェント
△ドリームキラリ、グレイトパール、タガノエスプレッソ、ラストインパクト

行った行ったの決着が多い理由は、騎手が芝からダートに変更になった時にこのコースをもっと使った方がいいとアピールしたのが、位置取りがしやすいから、という側面も大いに影響いているように思う。
宝塚記念やローカル2000重賞がそうであるように、位置取りを競うことであまり激しい争いにならないポケット地点からのスタートのレースというのは、直線も短いコースに場合が多く、直線一気はほぼ決まらない。

アンタレスSやマーチSで差し損ねた組は、ここでは馬券にならないケースが多い。
それならば、先行激化も考えられなくはない今年、マークしなくてはいけない対象のようで、結局は、距離適性やリズムの方が優先されるのではないかと考えた。

ピオネロはダートオープンクラスをここまで【1311】だから、芝の時と大差ないが、ちゃんとお行儀よく名古屋の小回りをこなしているから、もっと走りやすくなる京都で、東海Sのスローは有り得ないメンバーなら、待望の初重賞制覇が見えてきた。
福永騎手は逃げ馬に乗れば、しっかりと形を作る。譲るのはドリームキラリが行った時だけ。
目標は定めやすく、久々の石橋騎手でも追って追ってのスタイルで、今回こそライバルを捻じ伏せられるはずだ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方