2017年 帝王賞 レース展望

JUST競馬予想ブログ

帝王賞展望

読了までの目安時間:約 3分

 

出てきたかはともかく、期待の上がり馬グレイトパール、当然の中心馬となるコパノリッキーの脚部不安での回避は、このレースだけの問題ではない。
ただ、昨秋以降にGⅠを勝った馬が5頭出てくる上に、大井のタイトル戦で好走実績のある2頭も参戦する豪華メンバー。
そういう時ほど、結局東京大賞典と同じではないか、という結果になりかねない。
締まったレースになればなるほど、近走実績と適性は重要となる。

サウンドトゥルーやクリソライトは、どちらかというと何か強い馬に続くという結果が多いタイプ。
真の王者を決めるという雰囲気まではなくても、力勝負必至の場面で、過剰人気の馬がいるわけではないから、今回も同じような結果に終わるはずだ。

若いゴールドドリーム、ケイティブレイブは、2000Mのチャンピオンレースにピタリと合った何かが加わらないと、基本的には底力で勝負できるほどのパフォーマンスをここまでは見せられていないから、これももうちょっと軽い条件にならないと苦しいか。
まあ、雨馬場は間違いないだろうから、スピード勝負に持ち込めれば大駆けはある。

四の五の言っても、結局は東京大賞典の1、2着馬と、ドバイには行かなかったけれども右回り平坦であまり小回りではないコースで強いオールブラッシュの争いになりそうな感じがする。
実績と上昇度合いは皆横一線といった具合だが、ドバイで慣れない本場のダートで道悪競馬を戦いながら、何とか5着に入ったアウォーディーは、よく考えたら休み明けで尚且つ、秋はまだ全開とはいかない体調だったことを考慮すると、ここを使える状態であれば、ほぼ間違いなく勝ち負けだろう。

世界を目指す馬に数多くに乗ってきた武豊騎手は、ゴールドアリュールやドバイ帰り後体調一歩のカネヒキリで屈辱的な敗戦を喫している舞台だけに、過去5勝と言っても、ここは負けないレースに徹するはずだ。
アポロケンタッキーはGⅠレースに参戦するようになってから、ここまでまともな展開というか、速くても遅くても精神的にタフなレースばかりだったので、ほぼ力を出し切れるだろうこの舞台が試金石か。
GⅠをまた勝てる馬に成長できたかどうかがわかる。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方