2017年プロキオンS レース展望

JUST競馬予想ブログ

プロキオンS -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

有力候補のエイシンバッケンが、脚部不安で回避は残念なところ。
ただ、夏のダートの3歳戦は決まって出世レースになるのが、古馬の場合はそうとは限らない。

登録頭数があまり多くなかった上、狙いたかった馬が2頭いなくなってしまったので、ここは若手から入りたい。本命は最近なぜか関東馬によく乗っている幸騎手が乗るベストマッチョ。
1400Mまでというか、根岸S以外は【4100】であるこの距離への適性に加え、東京のオープンクラス2戦が中8週以上のレース間隔でのレースで、揉まれて惨敗は度外視できるはずだから、ここは中央の鉄人に持ちうるポテンシャルを十二分に引き出してもらいたいところだ。

ヒムヤー系にノーザンダンサー系という配合は、特別な好相性を示す良血の印象こそ浮かんでこないものの、前走は相手関係を見て乗れていた
内田騎手が逃げて、降級待ちの不規則なレース間隔でもしっかりと勝負強く追撃をいなしたから、単純にワンペース型のアメリカンという雰囲気は感じない。
完成に時間がかかる馬の多い系統で、まだ未完成の部分はあるかもしれないが、トウケイタイガーが行くしかないと考えているなら、それに合わせて追いかければいいという余裕もある組み合わせ。
他にあまり強烈な先行型ではないので、苦しいレースにはならない気もする。

◎ベストマッチョ
○イーデンホール
▲キングズガード
注チャーリーブレイヴ
△カフジテイク、ブライトライン、レヴァンテライオン

血統だけで初ダートのレヴァンテライオンを入れたが、関西馬になってからキレに磨きのかかってきたイーデンホールは、今のお利口さんミルコの勝負師魂に火をつけること請け合い。
フレッシュな状態を好む彼は、道悪での実績がない死角はこの時期怖い材料となるが、前走不満足なレース運びからの道悪追い込みで35.2秒なら、十分重賞でも通用するはずだ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方