2017年七夕賞 G3 レース展望 福島競馬場 2000m(芝)

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

七夕賞 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

1角までの距離が取れるローカル重賞を2勝しているマルターズアポジーが、大阪杯以来の競馬に挑む。
夏の中距離GⅢはハンディキャップレースしかない。それに最初から57.5では、一つ勝つのもかなり厳しいように思う。
得意条件でも、この酷斤には何のメリットもない。
むしろ、新潟で一人旅に持ち込めれば、圧勝の可能性もあるというところで、メイショウカドマツもいないし、マイペースに持ち込めることだけは間違いないが、力が足らない馬が大多数の組み合わせでもない。

今回買いたいのは、やや珍しい組み合わせのように思える橋田厩舎の永井氏の所有馬に横山騎手が跨るというスズカデヴィアス。
過去何度か注目した時には、前に行って失速か、後ろから何も出来ないまま終わるという相性最悪の馬なので、絶対に推せるととてもじゃないが断言できないものの、陣営もこのコンビに何か可能性を感じるのか、出られないこともなかった宝塚記念ではなく、背負いなれた56で挑めそうだった七夕賞から、夏の2000M路線への参戦を決めた節がある。

イの一番のここは、前回も乗って末脚を再確認した鞍上が、万が一にも逃げることはないメンバー構成で、どういうスパートを考えているかが、狙い方の本筋となってくる。
春の金鯱賞では、彼に乗り慣れた藤岡佑介騎手がゴール前強襲で3着、その前はテン乗り戸崎騎手が好騎乗で馬込みを捌いて、接戦をモノにしている。

東京で成功した作戦を阪神に置き換えてやろうとした大阪杯は、自分のリズムで進んだ時でさえスローペースが多いこの馬にしては、GⅠの多頭数である程度前が残る平均ペースで出番なし。
前回の鳴尾記念も、今回とあまり力関係は変わらない少頭数戦であまり惜しくない4着差し損ねで、また重賞の壁に跳ね返されそうな死角も秘めているが、同時に、前に行っても必ずしも安定して走れないことが分かっている中で、横山騎手であれば、逃げる中での溜めを道中で折り合わせるオーソドックスな形の何に転換させて、終いの脚を引き出すことは可能ではないかと思うのだ。

差し馬を最近はよく逃げさせているが、ラップの刻み方や馬の気性をくみ取る事にかけては、生涯記録では遠く及ばないものの、あの武豊騎手を時に凌駕するような至上の騎乗を見せる名手であることに、今更疑いをかける要素は存在しない。
どうやって勝ちに出るか。
ダメなら後方一気狙いに出るはずだが、動きが見えやすい目標馬であるゼーヴィントをマークする先々週のゴールドアクターのような乗り方で勝負してくるのではないだろうか。
12頭で平均ペース以上は間違いないから、前に行くことは得策ではない。

おまけに好位につけたいと思っている馬が多い。
溜めると意外と鋭さのあるところは、シンコウキングの一族が共通して秘めるかん性だと鞍上は理解しているので、わざと後方待機を選んでいるのだろうし、仕掛けのタイミングを見誤ることはなさそうだ。

◎スズカデヴィアス
○ゼーヴィント
▲マルターズアポジー
注ヴォージュ
△ソールインパクト、タツゴウゲキ

今週こそそこまで荒れないと考えたが、何となくダート血統の人気薄は押さえないといけない。
福島巧者のタツゴウゲキは、前走の準オープンの時計で走れたら、ここではぶっちぎりである。
10倍を超えていてもらいたいところだが、穴党は黙っていないだろう。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方