2017年名鉄杯 レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

名鉄杯 -予想-

読了までの目安時間:約 2分

 

最近、古馬の砂巧者にとっては最初の関門となっているこの時期の中京オープンが、今年は名鉄杯として行われる。
注目は言わずもがな、総合力、底力が抜けているマスクゾロということになるわけだが、昨年のこのレース<ジュライS>で楽勝した時とは、意味合いがまるで異なる休み明けでの参戦なので、先行馬は大丈夫というケースも多いが、ここは手控えざるをえない。
芝でもダートでも、速さを追求したような競馬をして、大きな故障をしてしまった場合、その復元力は体調回復をすることだけで使い果たされてしまうことも多い。

様子見という意味でも、それより前で競馬できそうなコパノチャーリーを狙いたい。
直後に帝王賞を制するケイティブレイブに早々に潰され、それを更に追い回して潰したグレイトパールの呆れるばかりの強さだけが光ったレースで、この馬は全く自分の競馬をさせてもらえず、勝ち馬から5秒近く遅れる殿負けだった平安Sは、形作りに拘って似た展開になってしまう可能性のある今回、経験則とすべきなのかもしれないが、半兄コパノリッキーとそっくりな不安定なレース内容と下級条件時代からハイレベルな時計に適応する先行型ということで、5勝中4勝がテン乗りでのもので、佐藤友則騎手はダートはさすがにうまいというレースをよく見せてくれるから、込みこみで面白い馬と思う。

交流重賞での賞金がかなり影響する格好で、マスクゾロの58より重い馬が3頭いる異様な組み合わせだが、サウンドスカイだけはその他大勢同様の56。
意外にも1800Mが初めての元2歳砂王者は、もう1400では鈍いタイプか。
時計は更新しているので、力が残っているなら、ここで快走もある。これが対抗。

◎コパノリチャード
○サウンドスカイ
▲センチュリオン
注マスクゾロ
△エルマンボ、デビルズハーツ、マイネルバイカ

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方