2017年函館2歳S レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

函館2歳S -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

カシアスを新馬戦で撫で切ったナンヨープランタンは、この時期にしては珍しく、1200新馬を大外強襲で制しているから、自力のある底力型という評価は得られるだろうし、岩田騎手も期待するはず。
おまけに、逃げて2着のカシアスも、そこで人気になっていたリンガラポップスも次戦楽勝だったから、それらを能力比較の対象とすると、中心にすべき存在だ。

問題は、昨年も差し馬と分かっている人気馬同士の決着で、接戦を制していた方が勝ったということ。
これは函館で新馬勝ちの2頭が順当に好走したレースで、その後2、3着馬が活躍。
福島からの転戦組ということで全くの人気薄だったタイムトリップも、差しを覚えながらの3着で後にオープン2勝なのだから、ローテに無理は生じても、カシアスなどは2戦目で策を変えて、前に壁を作る競馬で結果をすぐに出しているから、十分に逆転の芽はありそうだ。

ナンヨープランタンもカシアスも牡馬で、互いに大きな馬ではないが、前者がルーラーシップ×スペシャルウィーク、後者はキンシャサノキセキ×ディラントーマス。
かなり重厚なところは同等でも、1:09.7、8の持ち時計の馬が福島組も入れると5頭と異様な組み合わせの中にあって、メンバー最速の1:09.4のカシアスは、本質道悪対応の血統に限界点に近いスピード実績で、現状の力勝負では優位に戦える条件は整っている。

◎カシアス
○ナンヨープランタン
▲ジェッシージェニー
注パッセ
△サンダベンポート、アリア、デルマキセキ、ベイビーキャズ

当然、快時計の馬は1000M組にもいるが、カシアスの時計の方が、いくらか価値はあるか。
3戦目の不安か、2戦目の不安か。例年よりは、そのマイナス面の選択は力の評価で相殺されるだろう。
騎手の柔軟性も問われそうだ。
ダート勝ちのモルトアレグロは…。逃げると面白いだろうが、隼人騎手は奇策を好むタイプではない。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方