2017年クイーンS レース展望

JUST競馬予想ブログ

クイーンS -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

GⅠ馬2頭は豪華だが、GⅠ馬を中心視して、一度たりともいい思いをしたことはないので、対抗以下にする。

ここをステップにする馬は、秋華賞を勝つためにここを選んだ3歳馬以外、前走の成績も以後の走りもあまり広い馬場では期待できない部分がある。
洋芝といえども、今年は雨が多いからちょっと違う面も出るかもしれないが、基本的には、このレースは開催の前半に行われてきた。
捲るのは苦しい札幌競馬場。
死角が多いのは、むしろ、広い馬場でGⅠを勝っている活きのいいタイプである。

それとは真逆の適性で名手跨る2騎に対抗できそうなのが、同じコースで新馬戦をぶっちぎったシャルールだろう。
ゼンノロブロイの垢抜けない感じというより、フランスで活躍馬を出すのに必要な血統となるフォルティノやミルリーフ、リュティエなどの、ちょっとアメリカナイズしてくれないと洋芝でも怪しいところのある母の系統の重さの影響なのか、なかなかコンスタントにそのポテンシャルをチラ見せさせることしかできていなかったが、今回は重賞実績のある小回り1800で、好成績を残してきた中央場所惨敗→休んで札幌という狙いのローテなのだから、四位騎手に戻った以外でも、推せる材料は多い。

東京辺りではキレに限界があるから、重賞レベルでは通用しないが、1800が得意で他の距離ではかなり戦績が悪いタイプというのもあって、この馬では強気になって乗ることができる四位騎手であれば、目標を誤らずに動いて行けるはず。
使える脚は短いが、軽いタイプではない以上、ここ2戦のような追い込みの手は考えにくい。

◎シャルール
○アエロリット
▲クロコスミア
注パールコード
△ヤマカツグレース、アドマイヤリード、トーセンビクトリー、マキシマムドパリ

直線の短さも参戦理由のように思うアエロリットは、目標にされることは覚悟で無理のなり競馬をするだろうから、好位グループの前残りが狙いの基本線。
アドマイヤリードはわざわざ途中から仕掛けることもないだろうし、それも合わない。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方