2017年アイビスサマーダッシュ レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

アイビスサマーダッシュ -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

先行力のありそうな馬から、できれば斤量も軽くて、やっぱり牝馬というところも押さえていくと…。
新潟の直線1000Mで1戦1勝。初勝利以来のこの舞台に挑むレジーナフォルテは、特別素晴らしい持ち時計があるわけではないが、杉原誠人騎手と2戦2勝ということで注目。
専門家の力がフルに発揮される舞台に、相性のいい騎手というのは是非とも押さえておきたい要素。
3歳馬は函館2歳S覇者のレヴァンテライオン、その他古馬勢もここで初重賞制覇を目論む陣営も多く、ベルカントがいないことにより、面白いレースが展開されそうだ。

レジーナフォルテそのものは、3代母タレンティドガールがニッポーテイオーの妹として活躍したことでも知られるように、ビューチフルドリーマー系の中でも、ビクトリアクラウンのラインと共にその主幹血脈を形成するワールドハナブサの直系ということで、そのバックボーンに関して今更強調する材料はないほどの素晴らしい血統の持ち主だ。
しかし、このレースにおいて、サンデーサイレンス系が大不振であることもさることながら、血統が重要だというなら、サクラバクシンオーであるとか、ダートも走れそうな配合のスピード型という強調材料がないと意味はないので、これはまた別の次元の話。

この特殊な条件で、近年幅を利かせているのがキングマンボ以外のミスプロ系。
昨年堅い結果になって、一番人気のなかったプリンセスムーンがアドマイヤムーン、7年前に人気の牝馬が不発で終わった時は、スキャン産駒のケイティラブとスクワートルスクワートの騸馬ジェイケイセラヴィで決まって、バクシンオーの穴馬・マルブツイースターが3着で大波乱の結果に終わった。

狙いとしては、ネロだフィドゥーシアだといった辺りが、上手に運べなくて終いで脚をなくすという方向から攻める手になる。
彼らは直線の競馬に実績がある上に、近走の1200M戦におけるレース内容も、この中では抜けている。
しかし、上手に運べる馬ほど、真っ向勝負となるこういうレースには脆さも出てくる面がある。
昨年は少頭数で、上位争いになりそうな馬も限られたネロの実績は怪しい。
このコースにも勝ち星があるダート1勝馬のフィドゥーシアは、手の合いそうな石橋騎手が今回も乗るが、日本のサドラーズウェルズ系はこの馬もそうだが、どうにも取っつきにくいところもある。
ソウルスターリングとミスエルテの差は一体…、などと考えていると、牝馬というのもまた怪しく見えてきた。

7年前と同じ狙い方をすれば、直線競馬に実績のある別路線の上がり馬とこのコースに何か縁を感じさせるものがある古馬。
一方は、父がアルデバランで母父ボストンハーバーでも、単純に底力不足と思えない牝系出身のレジーナフォルテであり、雨が降れば一躍先頭ゴールも夢ではない前々走このコースで勝っているアドマイヤムーンのブレイズエターナル。
どれだけ買うまいと思っていても、このコースだけは別、という馬のレースになる以上、頼りなさげな馬でも積極的に押さえないといけない。

◎レジーナフォルテ
○ブレイズエターナル
▲ナリタスターワン
注レッドラウダ
△アクティブミノル、イオラニ、フィドゥーシア

アクティブミノルはテンに速いタイプの逃げ馬ではない。途中から速い馬だけど、テンでも勝負なる馬はここには当然多い。
ほとんど好位抜け出しのようなレースになるのは死角にはならないが、前を潰せるかどうかまでは疑問。
ならば、直線競馬初挑戦のダート勝ちのあるナリタスターワンはバクシンオーだし、買うならこっちだろう。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方