2017年スプリンターズS展望

JUST競馬予想ブログ

気持ちよく走りたい<スプリンターズS2か月前展望>

読了までの目安時間:約 3分

 

どいつもこいつも男らしい馬ばかりだけど、それだけじゃやっぱり、どこかで痛い目に遭うんだな。
悪いことではないんだけど、追われる身になると強かさも必要である。

セイウンコウセイ
案の定、高速馬場には適性はないに等しいと自ら証明してしまった彼の課題は、同時に求められる本質的な直線の坂への適性である。
速い馬でないことが、同時に強くもないと簡単に立証されてしまうのは短距離馬だから、強さを示すためにも、持ち時計大幅更新の敗走は、今後の成長のカギを握っている。

ビッグアーサー
今年もセントウルSを勝って…。
今年は、その反動で…。
勇ましく逃げ切った昨年のセントウルSには、皆びっくりさせられたものだが、本番の伏線として使い切れなかった鞍上も不覚も、よもやのスプリンターズS大敗に繋がった。

レッドファルクス
もはや、何でも屋になりつつある彼は、かつてデュランダルがそうであったように、今は本番だけを狙って仕上げられる馬になった。
ダートでも大活躍したわけではなく、芝の実績があったわけでもないのに、CBC賞を勝ってからというのも、常に国内戦では上位争いに加わっている。

ここ1年半のスプリント王者が全て顔を出すレースになれば、展開も一定以上の流れも予測される。
スプリント戦であれば、メンバーさえ揃ってしまえば、展開面での紛れへの期待値が減り、勝ち気に勝負に出る馬が出てきやすくなる。
スプリント戦だけに、GⅠに出てくると色気を持つ陣営がいたりして、これがまた何の意味もない位置取りで、情けない競馬に終始したりもする。

昨年は、最有力馬がそれであったから、みんなイライラしながらおけら街道をトボトボと歩いて帰ったのだろうけど、今年はそこまで事故紛いの超凡戦にはなり得ない組み合わせが期待される。
みんな万全というわけにはいかないだろうが、休み明けであることはさして気にならない時期だけに、彼らGⅠウイナーでなくても、昨年はレッドファルクスが初重賞制覇の勢いでそのまま本番もモノにしてしまったくらいだから、フレッシュな組から狙うべきだろう。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方