2017年小倉記念 レース展望

JUST競馬予想ブログ

小倉記念 -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

雨は降らないとの予報も出ているが、特段の高速化が見られる馬場であるかを判断するには、土曜の傾向と当日の天候も加味しないといけない。
当日は台風の影響は出ないという予報通りだとして、ここ最近よく見かける雨予報外れの高速馬場だとして、そんなに速い馬が今回はいないから、そこはポイントにはならないだろう。

それでも時計が速くなれば、調子の悪い者、力の劣る者がふるい落とされるわけで、人気になりそうな組の凡走は、そもそも、条件戦やここまでの重賞より背負わされる馬が今回はいないから、これも考えづらい。
根幹距離重賞は、そういう時ほど底力勝負になり、力のあるとされた馬が不発に終わることでとてつもない結果がもたらされるケースもあり得る。

人気のある馬から押さえた方が無難と考え、
◎ストロングタイタン
○サンマルティン
▲バンドワゴン
注カフジプリンス
△ヴォージュ、クランモンタナ

少し前よりはタフさが身についたように思う、普段の小倉記念ではあまり買いたくない準オープン勝ち直後の2頭は、小回り適性に関しては、ややストロングタイタンの方が上と思うが、本質は似たようなもの。
古馬重賞の中距離戦で、13頭立てというのはちょっと恵まれている。
1番人気が久しく縁のないこのレースで、推定まずまず時計の出る馬場のちょっとだけ速い時計出る結果というのは、昨年重い斤量の人気馬が消えた時と、内容は同じでも、来る馬の人気には差が出るように感じる。

フォーティーナイナー系×インテント系の人気馬は、揉まれ弱いという死角はこれまでの重賞でも証明済みではあるが、同時に、似たような側面を孕むライバルに対し、ハンデ1つもらいの根拠として、重賞でそれも先行崩れのレースを経験している分の上増しがあったと考えると、初の57も難なく乗り越えた前走の内容は、簡単には音を上げない古馬の底力が自然と身についてきた印象も残した。
オープン実績のある組よりは勢いがあり、ライバルのフレッシュ組よりはガッツがある。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方