2017年レパードS レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

レパードS -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

アディラートとの再戦はならなかったが、帰国初戦、本当に強いと思われる馬はまだここには、この世代にはエピカリスしかいないと考え、危険はあるにせよ、左回りの小回り1800でスピード型が見せ場を作れないシーンはちょっと想像がつかないので、本命は堅いと思っている。

ハルクンノテソーロやタガノグルナ、前走強かったテンザンワールドなどが底を見せていないので、当然の対抗評価を受けると思われるのだが、ジャパンダートダービーで強いと言えるのは、結局東京ダービー圧勝から馬の自信の度合いが大きく変わったヒガシウィルウィンだけだったように、近年は活躍馬多数のレパードS組、というような看板を鵜呑みにすると、今年は痛い目に遭いそうな気がしてならない。

一時期は、古馬1000万条件でも既に好走歴のあるような馬に勝機のある上がり馬専門の出世レースだったのが、ちょっとだけ開催時期が前倒しされたことで、ここ3年はオープンクラスの馬が人気に応えるというシーンばかり見ている。
断然人気になるかまではともかく、持っている重賞実績ではタガノトリオの筆頭格・ディグオやシゲルコング、有力のハルクンノテソーロの3頭に劣る点はなく、ややテレンコなところが返って魅力とみるノーブルサターンなどの同脚質のオープン馬には、全く死角となる要素が、殊ここまでの競走成績には見られない。

そうなると、エピカリス自身の疲れの方の問題になってくるわけだが…。
今、ドバイに行ってアメリカでも走ってというローテを順調にこなしていたならば、そもそも、賞金加算を目論む3歳馬にとって最初の古馬挑戦権を得るためのこのレースに、いちいち凱旋の一戦として挑んでくる意味がないのだ。
うまくいかなかったけれども、使えない状態でもなかった。
使えなくはないけれども、大きなリスクを孕む。

国内ではもちろんのこと、正しい決断をした末の大一番の回避は、若駒の成長を阻害する要素にはなり得ない。
むしろ、使わなくてよかったという考え方すらあるのが、特にダート路線でこれからやっていこうという組には、現に本音の部分には見え隠れしている。
再度挑戦するべき舞台は、当然アメリカではなく、順調なステップを踏んだ上でのドバイ再挑戦というのが、今の最大目標の陣営にとって、どことも直接的には関連性のないここを使って、一定程度の結果が出せたのなら、今度はしっかりと古馬を叩いていって…。

エピカリスのゴールは、兄のメイショウナルトが果たせなかった<そうなるだろうという状況…>GⅠ制覇には止まらない。
既定路線であるGⅠ勝ちに固執することなく、再調整の一環としてここに挑んでくることは、敗因の再検証というよりは、自分の立ち位置をもう一度確保するためのレースになる一方で、普通にやれば勝てる相手であることが隙を生む可能性もなくはない。

◎エピカリス
○ノーブルサターン
▲タガノグルナ
△ハルクンノテソーロ、タガノカトレア、ブライトンロック、ローズプリンスダム

園田から大井に行くことが、そのまま黄金ローテになるというわけではないが、ディグオの方が成績は上でも、ノーブルサターンは前に行けるから、走りのリズムが大分違うので相手関係でちょっと変わってくる可能性もある。
グルナは江田騎手替わりで行きたい希望だろうが、ここで上位に挙げた2頭より特別速いわけではないし、経験値も違う。
本当は行かない方が得である。でも、まだ2勝馬だから…。
叔母のコイウタもそうだったが、思いがけない場面で底力を発揮する血統だから、前を見る位置から早めスパートがいいはずだ。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方