2017年秋華賞

JUST競馬予想ブログ

欲しいものはあるけれど<秋華賞2か月前展望>

読了までの目安時間:約 3分

 

いた春と、いない秋。

それだけであれば、特別な秋の変容とはなり得ないが、今年は、積極的回避濃厚の女王に、オークスで爆死してしまった桜花賞上位組が、実はNHKマイルC組に屈してしまう可能性を秘めている。

モズカッチャン

アドマイヤミヤビ

<魅惑の中距離血統>

ノーザンダンサーの血の影響を強く受ける配合という点で、オークスは勝ち馬のソウルスターリングとお仲間同士という決着。

本来、秋華賞の時計勝負には欠かせないその血は、ディープ一色近年の傾向と今年のその他横一線感との間で、極めて重要なポジションを担う。

レーヌミノル

リスグラシュー

<己の壁との戦い>

雨の桜花賞で輝いた馬というのは、往々にして、オークスで惨敗をする。

即ち、暴走したわけでも力を出し切れたわけでもないオークスであれば、いくらでも巻き返しのチャンスはあるというわけだ。

問題は、誰が乗るのか、であろう。

アエロリット

カラクレナイ

<仁川と府中で何であそこまで違ったのか…>

速い馬と速く走れる追い込み馬。

札幌圧勝のアエロリットの前途は開けたが、ローズSでどういうレース運びをしてくるか見えてこないカラクレナイは、トライアルで何かが見えるということはない。

本番に向けて…。全ての面で対照的な立ち位置に、今ある。

重厚な競馬を好む馬は多い。

軽い馬が少ないというのは、超ハイレベル決着の増えた秋華賞では、皆有力馬として挙げることに特段の躊躇が生まれる理由はない。

同時に、スタンスの違う競馬が自在なタイプが少ないから、次に何を見せられるかを、前哨戦で見せられなくても、陣営が何かを掴まないといけないのは事実。

GⅠ馬は結果を出した。もう一頭はどうか。

もう一つ。本当に春までの戦法を通すのか否か。

策を変えることが多い秋は、同じ馬を同じ性質とみると、結構痛い目に遭う。

牝馬の上がり馬は、トライアル直前に現れるのが例年の傾向。

速い馬にチャンスはあるかもしれないが、アエロリットが府中牝馬Sにでも行かない限り、先行力で戦うのはちょっと辛いだろう。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧