2017年エルムS レース展望

JUST競馬予想ブログ

エルムS -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

ハイペースも経験済みのテイエムジンソクは、そもそも競馬が上手な馬。

下げてしまって失敗することも多い上がり馬の重賞挑戦の敗因の一つが、これで一つ消える。

オープン特別2連勝だけではなく、京都の準オープンから馬が変わったように直線の伸びが進化した。

クロフネ×フォーティナイナーが唯一の死角か。ただ、気性面に危険性を持つ馬は、往々にして、好調期はそれがでないもの。

夏の平坦は元来得意な条件であるハーツクライの一族だから、少し揉まれ弱いところのある有力馬よりは、ずっと信頼できる軸馬だろう。

勝てないことが陣営のストレスとなっているのか、地方と中央を行ったり来たりしているGⅢ皆勤賞を目指しているようなところのあるピオネロか、昨年の覇者で底力型の配合のリッカルドの一変を期待するかのどちらかがポイントになる相手探しは、近走惨敗馬がちょっと多いので、素直にピオネロの方を相手に取る。

最近また馬体重の変動が激しくなっているが、期待を集めすぎる舞台以外で消えることはまずない。

こういう馬が静かな函館からの移動だけで使える札幌への参戦が、大きな死角になる理由はない。

先行型は普通にやれば、テイエムに木っ端みじんにされてしまうだろうから、本当は三浦騎手で参戦してもらいたかったモンドクラッセ辺りも、簡単に粘り込める競馬にはならないだろう。

今年もタフな展開になるから、リッカルドも押さえないと損だ。

◎テイエムジンソク

○ピオネロ

▲リッカルド

△モンドクラッセ、クリノスターオー、コスモカナディアン、ロンドンタウン

乱戦でベテランの台頭は考えないといけないが、4歳の2頭も意外と揉まれ強さを見せているから侮れない。

テイエムに何かがあったら、若手のワンツーが十分想定される。

ただ、交流重賞でも毎度好勝負という感じではないから、年齢の持つ印象の通り、完成度の違いが表れる直線となりそうだ。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

安心・安全、リクルートグループのMatchBook

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方