2017年 関屋記念レース展望

JUST競馬予想ブログ

関屋記念 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

まずまず好メンバーが揃った一戦。関屋記念らしい高水準のレース展開が期待される。

田辺騎手がどうこうということはないが、横山騎手が久々にコンビを組むことになったクラリティスカイの危ういところを理解している点、そういう性質を逆手に利用するには、逃げ馬が多いこの組み合わせはぴったりということで、敢えて前に行って、粘りこむ形を作ってくれそうだから、ここは狙い目と考えて本命にしたい。

若い頃はどううまく折り合いをつけて運ぶかということに鞍上も考えていたが、皐月賞で先手を奪っていい流れを作りながら5着に粘った辺りから、コントロールをすることそのものは難しくなくなったように思う。

が、NHKマイルCで激走した馬が燃え尽き症候群に陥る類例となってしまった彼は、友道厩舎にいる間はついに、いい頃の自分を取り戻すことは叶わなかった。

しかし、関東馬になって久しいこの5歳の元GⅠ馬は、古馬の中距離重賞で揉まれているうちに、いい意味で泥臭い競馬を得意とする馬に成長し、猛ペースの小倉大賞典で好位抜け出しの3着に粘ったかと思えば、スローのオープン特別で上がり勝負を嫌って先行するも、遥かに斤量面で楽だった4歳勢にいい目標にされつつ、自分らしさを出しきれないまでも、箔を持っている馬らしい力の一端を示していた。

丸々2年勝っていない馬だから、たとえGⅠ馬であろうとも、ここでは必ずしも格上という評価は与えられない。

同期のブラックムーンやウインガニオンは当然人気になるだろうし、いつも間にか立場が逆転してしまったマルターズアポジーやヤングマンパワー、似たような境遇に陥りつつあるダノンプラチナも強敵になる。

ただし、斤量面のハンディがなくなる別定重賞でずっと結果が出せていないからといって、見限るのもちょっと違う。

元より、トータルの時計も上がりで求められる決め手も異なる中京記念とはリンクしないし、左回り実績は十分のクラリティスカイにとって、やけに今年の時計は速いという状況で、前回下げ過ぎて失敗したことを考慮すれば、タフな流れを好むノーザンダンサー系のスピード型には歓迎の条件が整っていると言える。

57でGⅠを勝っておきながら、56で走れた古馬戦2度が共に後方からの競馬で、決め手比べで見せ場なしというのは、いい隠れ蓑になるはず。

リズムを崩されたくない先行馬が多数で、超スローだけは有り得ない組み合わせ。

奇策を好む鞍上の後方待機の嗅覚が働いたとして、想定される1分31秒台中盤の走破タイムに合わせた乗り方だけはするはずだから、食いっぱぐれはないだろう。

◎クラリティスカイ

○メートルダール

▲ブラックムーン

注ダノンプラチナ

△ウキヨノカゼ、マイネルハニー、ロサギガンティア、ロードクエスト

異常に上がりが速くて時計も速くなる状況は、この間の阪神と同じだから、ブラックムーンは消せない。

でも、東京だとキレが増すメートルダールは、ガッツだけなら◎のミルコを背に、ちょっと苦手なハイペースを東京の中距離戦でこなしている。

本来はこちらが軸になるが、クラリティスカイの方が妙味があるし、第一、ジャスタウェイでも差し損ねる舞台というのは、本格派血統の彼らよりよっぽど適性は本命の方が上だろう。

いずれにしても、中間の雨でパンパン馬場にはならない。力勝負必至である。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

安心・安全、リクルートグループのMatchBook

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方