2017年札幌記念 レース展望

JUST競馬予想ブログ

札幌記念 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 


GⅡに出てくる馬が、GⅠではちょっと足らないタイプに向くレースと本番想定のレースとである程度振り分けられるとすれば、ここで必要なスキルは充実度と勝負強さとなる。

エアスピネル-ルメール
サウンズオブアース-横山典
ヤマカツエース-池添
主役級に相応しいコンビとなっている一方、
マイネルミラノ-丹内
マウンドロブソン-モレイラ
という、この辺りの条件であれば侮れない人馬がいるのも事実。

正直、隔年ごとにメンバーの質に差が出る近年の傾向もあるから、今年は外れ…、いやいや、ここで結果を出せれば次があるという組み合わせなのだから、後からどう言われようとも、まずは札幌記念を勝たないといけない面々なのである。

そういう組み合わせだと、GⅠを展望して絞る狙い方はできないが、距離実績だとかこの路線の立ち位置でだいたいの方向性が見出せる。
今年に関しては、すでに2度このレースを使っているヤマカツエースを軸とするのが妥当だろう。
圧倒的な才能の差はなくても、2000M重賞4勝の実績は、今回予想される展開に最も相応しい直線での末脚比べに適していることを既に証明している。

加えて、ずっと使ってきて疲れてから休むというローテが、先述の実績の積み重ねにより、狙いを絞ったものに変わってきたから、これまであまり休み明けの成績が良くなかったこの馬でも、上がりの末脚がかなり安定してきた近走の内容なら十分に勝負になるはずだ。
勝っていても負けていても使われる立場が不安定なリリーフ投手に比べて、週に多くても2度の先発投手であれば、一度に使えるエネルギーも多くなる。
理屈は単純でも、GⅡ以上のレースで4度続けて掲示板に載っているわけだから、強ち筋違いな見解ではないだろう。

相手はどうしようか…。
ここは武器を大切にしたい。

◎ヤマカツエース
○マイネルミラノ
▲ロードヴァンドール
注マウントロブソン
△サウンズオブアース、エアスピネル、ツクバアズマオー

逃げ馬は両方粘ることは滅多にないのが小回り重賞ではあるが、共に今年になって厳しい流れの小回りコースで追い込み馬台頭のシーンでも粘っていた2頭だから、いくら勝ちたいと言っても動きづらいタイプの有力馬が、見事に差し損ねて不思議はない組み合わせ。
エアは長いし、サウンズは少々短い札幌2000M。
伏兵は決まって1800重賞の好走馬ということも多いローカルでは、マウントロブソンの実績不足も、ここでは十分通用の可能性がある。

それにしても、ネオリアリズムに本来乗る予定だったのだろうモレイラ騎手は、堀厩舎の馬に実に縁が深い。
昨年のモーリスは、何だか変なところでつかえてしまっている状態で、道悪も重なり、自慢の末脚を引き出すことにだけ傾注したので、ネオの走りを邪魔することさえできなかっただけのこと。
マウントロブソンにしてみれば渡りに船だろうが、それはモレイラも同じだ。
後から振り返れば…、は今年も繰り返されるかもしれない。



■ 指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R メイクデビュー阪神
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018/5/27 WIN5
東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方