2017年札幌2歳S レース展望

JUST競馬予想ブログ

札幌2歳S -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

ロックディスダウンが人気になった場合、死に目になっているローカルデビューの1戦馬が間隔を詰めて挑戦→惨敗の構図だから、できれば人気にならないで欲しいところだが…。
ということもあり、ゴールドシップもロゴタイプも力を出し切ったとは言えない内容に終始しているレースと考えて、彼女にはここでは負けていただこうと思う。
トウカイテイオーやドゥラメンテは、臨戦過程も戦績も異なるが、重賞未勝利でのクラシック参戦→春二冠である。
ここで3着だったレッツゴードンキも同じく。

別にこちらの方が完成度が高いという意味ではなく、最近当てにならない北海道の実績は、今年は少しレベルが高いように感じるから信用できるとみて、前走未勝利戦圧勝でクリノクーニングを今度こそ逆転してもらうべく、もう一方の牝馬・カレンシリエージョに期待したい。

新馬戦でオルフェの仔の襲撃に遭うとはとんだ災難となってしまった池添騎手ではあったが、このアドマイヤリードの妹でハービンジャーの仔でもあるシリエージョは、レコード決着の新馬戦から中1週で挑んだ重馬場の1800戦を、道中ややペースを乱されるような展開に巻き込まれながら、最後は適性も才能も違うことを示さんばかりの8馬身差圧勝で、不覚をとった初戦に倍する内容を見事体現した。

サンデーが入っていないから、ナスルーラの血が母系に入っているとはいえ、その決め手は高が知れているには事実でも、大柄ではない体でセンスのいい競馬を繰り返す辺り、十分にミニソウルスターリングと評せるだけの好素材だ。
他のライバルにやや気難しさに起因する爆発力が機動性にプラスの影響をもたらしているここまでの結果と比べたら、至極順当なステップアップをしているこの馬が、キャリアで差があることは、最終局面での強力なプラス要素となるだろう。
その点で、完成度でもライバルより上と言える。

◎カレンシリエージョ
○クリノクーニング
▲ロックディスダウン
注ファストアプローチ
△ヴィオポトス、ダブルシャープ、ロードトレジャー


■ 話題の競馬指数を検証

WIN5で200万馬券を的中させ、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方