2017年スプリンターズS展望

JUST競馬予想ブログ

スプリンターズS展望

読了までの目安時間:約 3分

 

自由に出走馬を選択できるのであれば、毎度毎度カードはチェンジである。
混沌に拍車がかかったスプリント路線は、この夏もまともな決着は殆んどない。
救世主求む。
昨年はそれがハマった形になったわけだが、今年はどうもそれはなさそう。

ビッグアーサー回避でやや拍子抜けのセントウルSだが、ポイントが散り散りになってスプリントシリーズがノーコンテストになることを防ぐ意味合いのあるレースとして、ここの勝者が夏の王者になるのであろう。
即ち、狙いがセントウルSという馬に有利。
つまりは例年通りに、その結果を鵜呑みにしてはいけないということになる。

セイウンコウセイに時計を求めると脆く、ビッグアーサーにタフさを求めても怪しいというのは結果として現れてしまっている。
エアレーションを実施するなどの極度の高速化を防ぐ造園課の努力は実を結びつつあるが、天候の読みが難しい時季での開催である以上、あまりアテにならない推定タイムというやつに、昨年の覇者・レッドファルクスはレースレベルの低下を味方につけての勝利であったと仮定した場合、今年も大分左右されてしまう可能性がある。

上がり馬に期待ができない以上、最近の流行りであるちょっと前の実績に頼ることが最後の一手になるどころか、大きな推挙理由となり得る状況にある。
ギリギリ夏競馬とのボーダー上にある函館スプリントSとCBC賞の覇者は、前哨戦というステップを踏んだら好走しないとダメ。
基本的に暑さに歯向かわなければ、調整そのものは難しくないから、函館スプリント組の方が有力だとは思う。

武器があるシャイニングレイは、正直どういう競馬になるのかまだ不明な点が多く、ディープ産駒なんてまず理由でもない限り馬券にならないから、セントウルS快勝で堂々のサマーチャンピオンになれたら考えたのだが、体質も考慮した直行ローテに。
3歳馬でも勝負になるレースだけに、キャリアの浅さも揉まれ弱さも、それそのものは死角にならない。
ジューヌエコール自身に才能があるかが焦点となる。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

タグ :  

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方