2017年 紫苑S レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

紫苑S -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

京成杯AHもまずまずメンバーが揃ったのだが、別にGⅠに直結するような前哨戦ではないのに、やけに勝利に飢えた古馬が多い組み合わせは、今の波乱の流れでは警戒する材料が多すぎる。

秋華賞トライアルの紫苑Sは、ここ数年はしっかりと前哨戦としての役目を果たしている。

本番の勝者は勝ち馬からは出ていないものの、異常に時計の速くならない秋の中山になったことで、馬の質も上がった気がする。

狙いたいのはこちら。

狙いはやや単純でも、ディアドラの安定感と秘めたる底力は、本番向けのそれだろうと思い、これを本命。

オークス上がり最速、2勝目はその直前という何ともちぐはぐなここまでの成績は、前走でやや勝ち味に遅い古馬陣をねじ伏せる3勝目を挙げたことで払拭とまではいかないまでも、岩田騎手に鞍上固定後は、はっきりと差して勝負しようという狙いが見える。

その影響で、桜花賞は適性外として、常に相手を見過ぎて差し損ねるようなレースは劇的に減ったから、効果てきめんと出たことは、中心馬が一応いなくなったこの路線では、勝機に直結する要素となる。

ハービンジャー×スペシャルウィークという配合はいささか重すぎの印象はあるものの、前走大幅マイナス体重で古馬初対戦を乗り切っているから、オークスの結果同様、距離はこの辺で、総合力勝負歓迎なのは間違いない。

体の大きさに関係なく、少々パワー優先の馬が多い組み合わせ。

単純に重たいタイプとは違う彼女なら、連続体重減だとさすがに苦しいかもしれないが、もう実力でここは順当勝ちしておかねばならない相手だろう。

◎ディアドラ

○ルヴォワール

▲ポールヴァンドル

注サロニカ

△ホウオウパフューム、マナローラ、ライジングリーズン

好位につけられそうな馬は有利だろう。でも、遅すぎると逆に差し馬の方が有利になったりするのが中山。

そのどちらでも走って欲しい無敗のルヴォワールと恐らく1800巧者に思うポールヴァンドルの先行力など、相手には力はあるけど、それをなかなか出し切れなかった馬を押さえたい。

 

タグ :     

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方