2017年秋華賞展望

JUST競馬予想ブログ

秋華賞展望

読了までの目安時間:約 3分

 

ソウルスターリングにGⅠで続いた組というのは、何かしらの共通項があった。
小柄な体のリスグラシューは、見た目の配合は全く違うようで、直系以外のところにトニービン、ベーリング、ミルリーフが入り、リファールはクロスしている特異な重厚配合で、ザヨーロピアンのソウルスターリングとは同じ組合に属する仲間のような存在であった。
ダイワメジャー×タイキシャトルのレーヌミノルも、フランケルが同系配合であることでは同じようなイメージの血統。

ハービンジャーとキングカメハメハが日英の高速2400ビッグレースの圧勝馬という同士の配合モズカッチャンと、一見共通項が見当たらないアドマイヤミヤビでさえ、母が3代続けてノーザンダンサー系を配されているハーツクライ産駒で、リスグラシューにはないデインヒルを持ち合わせているという点まで合わせると、一番配合の共通点が多い馬とも言える。

ソウルスターリングはいつも自分のポジションを作って競馬をしていたから、それをどう負かすかというテーマを配合に適応した戦法によって完遂できるかということを、常に求められた。
それが1回しかうまくいかなかったのだから、基本的に秋華賞は別のレースになる。

横山典弘騎手のアエロリットは、クロフネ×ネオで、ダイヤモンドビコーやハーツクライと近親同士。
みんな似たような勝ち味の遅さがあったが、いざスイッチが入ってしまえば…、という内容の競馬で現在連勝中。
クイーンSのような逃げ切りは難しいかもしれないが、ラップの刻み方に特異な方程式を用いる魔術師である鞍上が、見た目の同調性を戦略的に求めるのか、数的な根拠を最大能力発揮の必要絶対条件とするのかは、何となくオッズによるところが大きい気もする。

最初に始動して、最後まで出てこないこのGⅠ馬は、実は陣営の思惑通りに競馬をできるソウルスターリングの代打的存在なのだろうと思う。
簡単な相手にはならない。
対抗株は、紫苑S辛勝のディアドラと前哨戦的惜敗で人気落ちの一発に期待のモズカッチャンら、ハービンジャーの刺客だろうか。
サンデー系とは違い、柔軟ではない分ガッツがある。
秋華賞は踏ん張り合いのレースである。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

タグ :       

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方