2017年ローズS レース展望

JUST競馬予想ブログ

ローズS -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

いっぱい狙いたい馬はいるのに、順調に開催できたとしても昨年と似たような道悪競馬、予報通りであれば、ほぼ間違いなく火曜日の開催である。
馬場状態が違うのであれば、予想の組み立ても変化するのがハイレベルなレースというもの。

加えて、クラシックのトライアルレースというのは、思惑が色々入り混じるから、有力馬全てが本番出走可能な賞金を持っているこのレースは、実にとっつきにくいものになってしまった。
一応の狙いは…。
雨が上がってしまえば、十分に馬場回復は見込める。そして、今年は最近には珍しく、関東馬の参戦はなし。
しかしそれでも、今の状態に対してベストな条件にはならない可能性があるという状況は、似たような馬場質の桜花賞の好走馬には多少なりとも有利に働く要素となると読んで、

◎リスグラシュー
○レーヌミノル
▲ミリッサ
雨が多ければ、
注モズカッチャン
△カワキタエンカ
らの渋とさが活かされることも想定される。
連下は他には、ファンディーナ、ミスパンテールなど、大きな仕事もできる良血馬を押さえる。

さて、細かく見ていくと、レーヌミノルに距離への展望を求めていくことになれば、カワキタエンカが横山騎手に先行するリズムを確定的にする仕事を依頼したような乗り替わりであることも含め、桜花賞のようなタフな展開になってくれると思えば、位置取りは問わないけれども、揉まれずにしっかりと抑える競馬を定着させたい狙いはあるだろうと思う。
似たタイプでも、違うメカニズムで先行したと思っているファンディーナは、徐々に勝負勘が戻ってきたようなところのある岩田騎手が乗ることで、まずは、走りのリズムを取り戻す好位差しというものに拘っていくのではないだろうか。
自分で動いているようで、自分から動きたいのはレーヌミノルで、これがかなりスプリンタータイプの可能性を秘める総合力勝負対応可能の馬だから、時計が遅くなって桜花賞はこなせたが、皐月賞に挑むべきは、実はそちらの方だったのではないのか、というような勝ち方で桜花賞馬になっているから、平均ペースないし後傾ラップの自力勝負型のファンディーナとは、全く適性が異なる可能性は大いにある。

筆者は、1800という絶妙な条件で、桜花賞を勝っているレーヌミノルが力負けするシーンは想定しづらいと考える。
自分から動けるのは、相手が軽い時だけという雰囲気のファンディーナがスタミナがあるだろうからといって前を潰しに行き過ぎると、カワキタエンカにも差し返されるような展開も有り得なくはない。

揉まれる経験は牡馬相手にできたファンディーナを軽視するというより、その牡馬相手の対戦経験が本当に意味があったのか、という点の方が疑念たっぷりなのである。
謎ばかりの展開が続く牡馬路線は、今や、ただとっつきにくいだけのローカル・リーグ戦の趣だ。

常に一線級と戦い、ソウルスターリングに先着した数少ない存在のリスグラシューは、オークスこそ馬場特性や展開を味方につけられなかったものの、ちょうど1年前のこのコースで1:46.2の走破タイムは、牡牝問わず傑出した記録であり、相手がどうこうというタイプでは実はないように感じる。
相手がずっと強かったからこそ、タフな条件でこれまでの経験がフルに活かされ、久々の重賞勝利につながる可能性が大いにある。
誰でも走れるコース体形だからこそ、総合力の前哨戦には、こうした安定して力は発揮する馬を選びたい。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

タグ :      

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方