2017年菊花賞展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

菊花賞展望

読了までの目安時間:約 3分

 

今から抗ってもスタミナがつくことはないだろう。
高速決着という共通項を無視した段取りで、少なくとも春の実績馬が栄冠を手にすることはないのだ。
先行して粘り強い馬であれば、皐月賞かダービーで好走していれば勝負になる。

レベルの高い年であればそうなるところだが、今年の3歳牡馬はそれほど信用できない。
朝日杯
サトノアレス-モンドキャンノ-ボンセルヴィーソ
皐月賞
アルライン-ペルシアンナイト-ダンビュライト
ダービー
レイデオロ-スワーヴリチャード-アドミラブル

昨年が平穏だっただけに、この激変ぶりにはちょっとびっくりなのだが、第一、2000M以下の2戦は断然の1番人気が牝馬だったくらいのレベルである。
9頭バラバラという例は、近30年でも07年の牝馬がやたらと強い年しかなかった。
その前は何度か見られるが、あまりにも時代が古すぎる。

牝馬が強い年…。
07年はダービー牡馬最先着馬と春のクラシック未参戦馬のワンツースリー。
押さえるべきは、キレ負けがOKでも、差し合って迫力で見劣ってはならないということ。
アドマイヤオーラはダイワスカーレットをシンザン記念で負かしたものの、彼女に敗れたウオッカに、ダービーでは相手にして貰えなかった。

今年は、かなり特殊な春二冠だったから、朝日杯からの連動性でいうと、ノンコネクションクラシックといった雰囲気だ。
元々特異な傾向を示している菊花賞は、データでどう拾うべきか悩みどころではあるものの、ダービー馬の積極的回避の年は、決まって、実績上位馬が強いというデータもある。
サトノダイヤモンド
エピファネイア
アサクサキングス

オウケンブルースリにしても結局は、本命馬として挑んだ菊花賞。
神戸新聞杯で2、3着というのが、ここ数年のトレンドではあるが…。
キセキというジョーカーが何をしでかすか分からない部分を除いて、さて、異例の年の菊花賞は、一体どんな結末を迎えるのか。
セントライト記念組は、上位3頭の適性が本番とは違いそうで、混戦ならサトノクロニクルでも間に合ってしまうかもしれない。
ダンビュライトやベストアプローチが神戸新聞杯で伸びてくれば、血統からも見せ場を作れる可能性はある。

 

タグ :   

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方