2017年神戸新聞杯 レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

神戸新聞杯 -予想-

読了までの目安時間:約 5分

 

うーん。
悩みは尽きない牡馬路線の主要競走は、ここに来て、有力と目された秋の主役候補の脱落の連続で、ある意味では余計なものは削ぎ落されつつある。
よって、
◎キセキ
○レイデオロ
▲サトノアーサー
注ベストアプローチ
△カデナ、ダンビュライト、マイスタイル

秋に来て本物に育ちそうだと思わせたのは、ここでの最注目対抗馬であるキセキと先週のセントライト記念で見事に直線弾けたミッキースワローだけ。
勢いで勝ったわけではないクラシックホース2頭は、同時に、本当にそのレースに向いていそうだった人気馬がうまくレースを運べる状況ではなかったことで、それぞれの武器を、騎手の好判断と共にフルに発揮した結果が出ただけとも言える。

先週のアルアインがあまり勝負気配ではなかったことも影響し、ルメール騎手も無難な競馬に終始したのに対し、結局のところ、本当にこの世代で強いといえるのはレイデオロだけではないのか、という気もしてきた彼の存在感を極限にまで誇張表現を用いて高めた鞍上が、この先は同期の中でも最も挑戦的な古馬タイトル参戦の段取りを整える中で、下手に手を打つことはなくても、ここは勝負気配で勝ちに行く正攻法をとるように思われる。

別に途中から動くだとか、本当はやりたかっただろう好位抜け出しのスタイルだとか、主だった奇策ともとれる作戦で勝ちに出るという意味ではない。
目一杯追って、相手を屈服させに来るのでは?という意味。

簡単にいうと、出たなりにはなるだろうが、スパートのタイミングをトライアル仕様にすることはないはずだ。
ジャパンCまではまだたっぷり時間がある。
動くなという指示は出ていたとしても、さすがの藤沢調教師でも、ダービー馬に無様な競馬はさせないように仕上げてくるだろう。
今のところ、大きなアクシデントもない。

ここまでキャリア6戦。
奇しくも、新馬戦でルメール騎手が乗って圧勝した阪神で、今度はデムーロ騎手が跨るキセキ。
上がりが1番速い時だけ勝っている馬というのは、本命支持ばかりの馬にしては珍しい。
阪神内回りのすみれSを除き、前走の信濃川特別の32.9秒という記録が特段突出しているわけでもなく、大きなフォームでダイナミックな競馬をするから、ほとんどが後方からの競馬。
だから、速く走れることは即ち、誰よりも直線で速いということになる。

祖母はロンドンブリッジ。
代表産駒はオークス逃げ切りのダイワエルシエーロ。
父はあのエアグルーヴにとって不肖の息子となったルーラーシップ。
綺羅星の如く輝く社台の良血配合馬の中でも、自身を持ってグッドミックスというはずの配合であると同時に、やけに捉えどころのない気難しい者同士の配合なのだ。

筆者はこの一族とは非常に相性が悪いから、こんな注目の舞台で満を持してダービー馬を競り落とそうとするシチュエーションが狙いどころだとは自信を持っては言えない。
ただ、軽さを引き出す要素がディープインパクトだけで、ルーラーシップこそ例外でも、エアグルーヴとその父トニービン、ディープインパクトも母母父ドクターデヴィアスも、伯母のダイワエルシエーロだって、ベストの条件だったかどうかはともかく、キセキに関係する名馬はほぼ全てが今回の2400M戦に勝っているのだ。

偶然の産物などではない。
阪神の1800Mの新馬戦は、中距離型の良血馬には走りやすいというだけではなく、同コースの毎日杯からディープスカイやキズナがスターダムを駆け上がっていったように、いずれやってくる大舞台に適応する能力がある稼働を推し量るには十分すぎるほどの舞台設定なのだ。
そこで3馬身以上の差をつけたキセキが、晩熟の配合をバックに、勝機は3歳秋にあると陣営が踏んだ春クラシック参戦断念からの巻き返しは、夏の中京2000では上々の1:59.1、新潟外回りでは破格の1000M58秒台の展開から、上がり32.9秒で日本レコード級のタイムを叩き出すという形で現れたから、もう春の実績馬を追い抜いてしまった可能性さえ秘めている。
無論、反動も考慮せねばならないが、スロー必至の距離延長の舞台で、この手の才能が崩れるシーンは、まず故障以外では考えられない。
それが出るかどうか。
切る切らないの根拠は、もはや、不可抗力にしか求められないように思う。

 

タグ :     

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方