2014 年 東京大賞典展望

JUST競馬予想ブログ

東京大賞典展望

読了までの目安時間:約 2分

 

結局のところ、みんな出て来るようだ。
チャンピオンズCが盛岡JBCの第2ラウンドだったように、例年より1週ほど間隔は詰まっているが、その再戦がまた大井で行われる。テーマは単純明快、
「フェブラリーSと何が違うのか?」
コパノリッキー次第とも言える。

前回の中京では、枠の利を最大限に活かしたホッコータルマエの巧みなレースコントロールにより、他の15頭は完全に脇役に甘んじる結果となってしまった。
一語で表すならば、実力勝ちという競馬。
一方のコパノリッキーは、大出遅れではなかったものの名うての砂巧者に進路を奪われ、結果として外を振り回されることとなった。
差し馬ではないのは確かだが、あそこまで何もさせてもらえないと、今度変に人気になられても困るくらいの惨敗。
左回りで3連勝中だったこともあり、乗り難しさはより増幅しそう。

あとは、外国馬と有力の3歳馬の取捨。
前者は上がり目微妙の6歳騸馬、後者は休み明け古馬初戦ながら完敗である以上、本命にする線はちょっと薄い。

近走安定して走っているのは、5歳馬のホッコータルマエとナムラビクター。距離は問題ない。時計が速すぎなければまた来るはずだ。
高速決着なら、JBCの上位2頭。むしろ、そうならないとまた惨敗もある。
大井のタイトルを持つ古豪2頭は、彼らが不完全燃焼になった時、非JRA勢とともに突っ込んでくる公算大。
棲み分けくっきりのメンバー構成。案外、勝ち馬だけが目立つレースになりそうな気もする。ならば、コパノリッキーの先行策からの押し切りが最有力か。
芝も砂も、自分のツボにはまった馬に有利な総決算の競馬になりそうだ。


■ 話題の競馬指数を検証

WIN5で200万馬券を的中させ、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方