2017年富士S レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

富士S -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

言いたいことが沢山ある馬ばかりが集い、楽しい一面がある一方で、本当に本番でも狙えるのか疑問という馬の争いとなってしまった印象も拭えない。

軽い馬場での争いは考えにくいから、実績上位の馬には有利かもしれない。
GⅠ馬は2頭いるが、2、3歳限定の東京戦での勝ち星があるのみで、絶対的な信頼とまではいかない部分はある。
あとは、古馬重賞の勝ち馬であるエアスピネル、ガリバルディ、グランシルク、ロードクエストなどが、興味のそそられる存在になってくる。
問題は順位付け。

常道でいけば、総合力勝負に向くエアスピネルやイスラボニータがマイラーズCという、GⅠとの関連性において位置づけが似たところでの実績が今年のレースにあるから、それが中心でよさそうだ。
そこにグランシルクがどう絡んでくるか。

強気にはなれないが、落ち着くところに落ち着く格好で武豊騎手に手が戻ってきたエアスピネルが本命。
見方が分かれるのは、似たり寄ったりの菊花賞にも言えることだが、詰まる所、今はこの中で一番強そうなのは、彼か一つ年上で前走で開眼したように見えるグランシルクのどちらかである。
それらが力を出し切れれば、きっと、本番でも面白い存在になり得る。

エアスピネルの強みは、極めて安定した戦績となるわけだが、同時に、詰めの甘さをマイルでカバーできないことは判然としつつも、今2000Mでこのメンバーでやったら、間違いなく勝利に最も近い位置にいると考えられなくもない。
逆説的に言って、距離延長でのアドヴァンテージは、GⅠ前哨戦の価値と同等と考えると、それはGⅠの格との関連性に直結する話だから、毎日王冠組よりも、かなりタイトな関門になるわけだ。

マイルで強いということを示せるかどうか。
それができそうなのは…。

◎エアスピネル
○グランシルク
▲イスラボニータ
注ペルシアンナイト
△ガリバルディ、サトノアレス、レッドアンシェル

天候微妙な土曜は、詰め甘の馬には合う馬場のような気がする。

 

タグ :    

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方