2014 有馬記念 予想

JUST競馬予想ブログ

有馬記念 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 


話題の抽選会の映像を生で拝見することができたから、尚のことそう思うのかも知れないが、
「有馬らしいな」
というのが、正直な枠順発表後の感想だ。
一番最後に、16番と言うためだけに苦笑いしながら蛯名騎手が画面に映し出された時には、世の中帳尻が合うようにできているものだと、妙に感心してしまった。

抽選のやり方は色々あるだろうが、そもそも有利不利があるコースなのだから、多様な方法論を選択して出し尽くした時には、今回のやり方が固定化される可能性を感じた。
「だって、内枠をみんなとりたいと思っているに決まっているじゃないか」
有馬記念にまどろこしい方策は必要ない。どんな枠でも、展開次第の競馬なのだから、力の足らない馬にしか枠順は重要ではないのだ。

さて、普段よりは発走枠のことを熟考する場合が多いこのレースを、一応、3分の1くらいの馬が思惑通りの馬番を得られたときに起こり得る展開から読み解いていくと、やはり、力勝負になるのではないかと仮定することができる。
皐月賞2着、有馬記念優勝、中山記念圧勝。
13番枠から外に、ある意味ではくじ運悪く、やや不利な枠を頂戴してしまった今年のGⅠ勝利馬3頭は、少なくとも他馬よりは今の中山の馬場状態を味方につけられるはずだ。
皆道悪で複数回GⅠの好走歴を持っていて、かつ勝利時のインパクトは強烈な個性派ということにも共通項がある。
正直言って、内に先行馬や位置取りによって着順が変わりそうな馬が集中しているこのレースは、力を発揮しやすい競馬だと思う。
まあ、気性面からくるやや難儀な脚質の3頭なのだが、揃って上位に食い込むことは間違いないようにも思う。

人気馬が数多く上位を占めた時、この有馬記念にはマイル実績のある馬がよく来る。
最初にオグリが勝った時は、サッカーボーイが繰り上がって3着になった。ナリタブライアン圧勝時は、2着に同期の2歳女王ヒシアマゾンを連れてきて、歴史的2歳王者であるグラスワンダーがグランプリ3連覇を決めた時は、史上初の秋の古馬GⅠ3連勝を目論んだスペシャルウィークと、翌年自分だけの時間を作るテイエムオペラオーを同時に負かした。
ディープがラストランを圧勝した時の3着はダイワメジャー。ブエナビスタが有馬記念で中心視された時は、決まってその年にマイルGⅠを勝っていた。

歴史に学ぶ、ではないのだが、もし上位勢が人気馬ばかりなら、一番崩れないのがジャスタウェイだろう。
どの馬にもチャンスが生まれた競馬で、堅めに収まりそうな予測を立てた以上はこの傾向は無視できない。
もちろん、1枠にそのマイルGⅠでの実績馬が奇しくも共に入るという珍現象が発生しているから気にはなるが、ジャスタウェイとの比較となると…。トーセンラーは狙おうとは思っていたので、買い目には加えるが。

順番は、15-13-14。が、そもそもハイレベルの混戦で、不確定要素が展開次第で無限に想定できる舞台なので、完全敗北はないように立て目も漏れなく押さえたい。
ミーハーもいいところだが、現状府中では力が足らなかったと思われるジェンティルと出遅れるくせに内枠時に好走歴が集中しているダービー馬には重点配分する。何せ、その年の2400M重賞好走馬は6年連続で馬券になっているので侮れない。
良馬場限定では、15年以上この傾向が続いている。まあ、当たり前ではあるが。

各馬に対しては、様々な思い入れはあるのだが、それを語るのは陣営がノーサイドとなるレース後の方がいいだろう。
今はまだ、みんな戦闘モードでそれどころではない。
直前のホープフルSは、中山男・蛯名正義跨るフォワードカフェに穴をあけてもらいたい。今回は好位につける手もあるだろうし、父の名にも縁を感じる。



指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R 【無料提供】
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018年9月17日 中山5R 【無料提供】
1着 ケンデューク  1番人気(指数1位)
2着 バカラクイーン 3番人気(指数4位)
3着 エタニティマリー  13番人気(指数5位)
 ⇒ 3連単 11万1,200円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方