2017年スワンS レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

スワンS -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

3歳馬がやけに多いのと、4歳馬がセイウンコウセイのみという組み合わせ。
いよいよ欧州競馬が終幕を迎え、トップ騎手もちらほら登場してきた。
まさか武豊&ダノンメジャーの先行策というのはないとは思うが、トウショウピストが一番速いという見立ては共通するところ。
これが行くか行かないかで、道中の流れはかなり影響が出そうだ。

何となく、中距離型のような気もしないでもないミスエルテは、同期のキレ馬・ラビットランと似たところがある。
前者の母はプルピット×ヘネシー×サラトガシックス<アリダー直仔>、後者はタピット<プルピット直仔>×デキシーランドバンド×アリダーという配合。
ノーザンダンサー系のキャラ違いは、父フランケルを加えることで、大まかだが補完できる。

この馬は、1年前にファンタジーSを劇的逆転で快勝して見せたが、それから3戦全てGⅠで全て着外はおろか、上がりの時計を見るまでもなく、あの時のキレが一切見せられないでいる。
期待馬だけに、陣営も歯痒いところ。
これが最後の1400と思われた条件に戻って、原点回帰を図った。

成長力がないとされる可能性は当然の指摘になる。
クラシックを戦い抜けるだけの底力は、どうみても相手軽しの朝日杯で逆の意味で証明している。
ただ、元々本番型の馬はなかなか勝負で競り負けることの多いレース。
昨年までのサトノアラジンやスーパーホーネットなど、一気に差し込む馬はここが勝負のレースとしやすい。

問題は雨か。
降ろうが降るまいが、荒れ馬場には変化はないだろうけど、Aコースのまま今週も開催される京都の芝レースは、ちょっとのことでも大きな変質が見込まれる。
こと短距離戦の差し馬が道悪で苦しいことは、言い訳の代わりに記しておく。

◎ミスエルテ
○サングレーザー
▲セイウンコウセイ
注ビップライブリー
△ジューヌエコール、ダノンメジャー、レッツゴードンキ

中山組は雨歓迎、上がり馬も似たところがあり、サングレーザーは配合のイメージより母系の重厚さがアメリカンっぽくないので、パワー勝負向きのディープに思うので、相手筆頭とする。

 

タグ :     

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方