2017年武蔵野S レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

武蔵野S -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

モーニン×横山典弘のコラボがどう影響するかは不明も、アキトクレッセントは若い頃みたいに前に行こうという感じではないから、一応行く候補に挙げられる。

さて、JBC除外&断念組が東京に集中した印象の武蔵野Sは、有力馬も概ね一叩きされて、今後のレースに向けた段取りが整っているように窺えるから、それぞれここでは力を出せる状況にある。
よって、

◎カフジテイク
○サンライズノヴァ
▲ゴールデンバローズ
注モーニン
△サンライズソア、ピオネロ、ベストウォーリア

カフジテイクは日本に理由もない限り存在しえない1400GⅠではなく、マイルのタイトル争いで敗れてきた。
現に、昨年のこのレースでは3着。都合、1600M以上のレースでは【0115】となっている。
ただし、得意とする良馬場のレースで<1400以外ではという話>、人気を裏切ったということになっているフェブラリーS以外には1800Mの経験しかないから、特段力を落ちたわけでもないここでは、豪快な決め脚を発揮してくるはずだ。

サンライズノヴァもいいところを知っている戸崎騎手に改めて手が戻った。
ベストウォーリアとのコンビが定着している中で、若手のホープ、しいてはフェブラリーSの有力候補であるこの馬が、東京ダート【3000】というのは、ここでもかなり強気になれる。
まだ相手が軽いから、斤量実績はあっても、カフジテイクと1kgもらいは有利ではない。
キレも相手の方が上。

問題はポンコツアメリカンになりかけているゴールデンバローズか。
東京ダートの条件戦で【5100】、ムーア騎乗で【2111】もドバイと人馬とも冴えぬ時期の15年秋のこのレースを除くと、パーフェクト連対。
取捨難解も、今年はいい走りも見せている。フレッシュな方がいい。

レベルの高い組み合わせだけに、底力のある馬はひとまず押さえないとまずい。
だから、勝てそうな馬は優先的に買っておく。

 

タグ :      

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方