2017年京都2歳S レース展望

JUST競馬予想ブログ

京都2歳S -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

ここは重馬場実績を買って、
◎グレイル
○タイムフライヤー
▲ケイティクレバー
以下、
シスターフラッグ、スラッシュメタル、マイハートビート

少頭数で本命サイドを狙う以上、相手を絞らないといけないのは間違いないのだが、マイハートビートが今一つ信用ならない。
故に、難しい選択も迫られることになる。

兄にロジチャリスを持つグレイルは、人気先行になっても不思議ではない血統背景も持つ良血馬であり、前走の京2000新馬戦はあの菊花賞当日の極悪馬場だったから、勝ちタイムが2:12.9と訳の分からないレベルで決着している。
評価は次戦以降としていたが、再び武豊騎手が跨り、メンバーも軽い。

そう言うと語弊はあるかもしれないが、タイムフライヤー<タイムパラドックスの甥>共々、賞金加算と今後のローテの段取りが、このレースで整いそうな状況には違いない。
窮屈な京都内回りコースを経験済みのグレイルには、タイムフライヤーにも負けない厳しい馬場を経験している。
秋の中央場所で走れば、漏れなくセットで付いてくるポテト状態の道悪経験は、ここでの期待馬であるほど厳しいレースへの参戦の記録がある。
馬場悪化途中、萩Sの前の未勝利戦を稍重の時に勝っているケイティクレバーにだって、ハービンジャー効果をここで期待していいはずだ。

誰が先行するかは不明も、先週の東スポ杯のようなことは有り得ない。
スピード型は皆無であり、スタミナ型の選定レース。
どの道、底力勝負へと展開するはずだ。

問題は、グレイルが受けるかタイムフライヤーが受けるかで、ゴール前の攻防が変化しうると言うこと。
既に3戦消化のタイムフライヤーなら、大崩れしない強みをどの位置からの追い出しでも活かせそうだが、ややぶっきらぼうな配合のグレイルにそれができるかはわからない。
グレイルが前を追ったら、人気の順に収まるかもしれない。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

タグ :    

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方