2017年中日新聞杯 レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

中日新聞杯 -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

GⅡを勝っていると57.5を背負わされるという組み合わせだから、重賞未勝利馬にも十分にチャンスがあることが期待出来る。

メートルダールはほぼ左回り専門という馬で、前走の関屋記念こそ凡走したが、常に上位争いに最後は加わってくる。
1800と2000に良績が集中し、稍重3回のうち、1番人気2度含め、全て3着という馬だから、金曜日の降り方はパフォーマンスに大きく影響するだろうが、一度も快時計を繰り出しことがない馬。
トータルプラスマイナス相殺で、フレッシュな方がパフォーマンス良好のタイプ。
このゼンノロブロイ産駒は、直線一気でこの条件を制している同父のバウンスシャッセやヤマカツエースと似たように、一瞬の決め手を繰り出すというより、条件が重なると爆発的にキレるタイプなのだろう。

同期ミッキーロケットは距離はベスト、ズブディープにはぴったりの中京は合いそうなマウントロブソンらは、揃って57.5。
ハンディの重い順に実績十分と考えるのは筋だが、ここは、ローカルの一般的な重賞攻略の手法をとりたい。
55なら、互角以上の評価ができる。

出世が遅れたメートルダールは、ここぞの場面での3着があまりのも多く、1着5回に対し同数、それも新馬戦含め、格上がり初戦や賞金を勢いに乗って加算するができずに、未だこの扱いにくいポジションに留まることになった。
逆に言えば、きっかけさえ掴めれば…、なのである。
都合よく、ロードヴァンドールが最近よく栗東に詰めている横山騎手を確保し、やる気満々の気配。
スロー差しは下では通用しても、上では勝利の必要条件になる。

◎メートルダール
○ミッキーロケット
▲ストーンウェア
注バンドワゴン
△ショウナンバッハ、スズカデヴィアス、マキシマムドパリ、ロードヴァンドール

ローカル通用のスペシャリストも多いが、暮れは若手に有利の組み合わせになりやすい。
中京実績重視のストーンウェア以外は、然るべき中央戦の好走馬を押さえた。

 

タグ :    

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方