2017年阪神C レース展望

JUST競馬予想ブログ

阪神C -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

GⅠ馬2頭は後も現役続行なのに、主役候補はここで引退の皐月賞馬の方。

17頭の目標は明確だ。

シュウジは気難しいと同時に、選り好みがはっきりしている。

重賞2勝時は、共通して右回りコースの稍重馬場。

連対実績に範囲を広げても、洋芝の2戦と稍重の2歳マイル重賞。

それ以外、昨年のスプリンターズSで惜しい4着に入ったくらいの平凡な成績に甘んじている。

重賞1番人気はこれまで5度あるが、大崩れは不良の左回りで休み明けのファルコンS以外、今年の阪急杯でよもやの惨敗を喫したのを除けば、まずまず走っている。

ただ、昨年の好走実績を買われて人気になった函館、札幌の2戦は見るも無残な内容で、不可解さも併せ持つ酷い結果であった。

そこで最後の一手にノリマジックを期待して、前走のスプリンターズSから鞍上が替わった。

よくある後方一気策で、勝ち馬以外好位グループというのは昨年と全く同じ。

それでいて、作戦が真反対だったにも拘らず、かなり前を追い詰めて、レッドファルクスと0.4秒差にまで押し上げてきた。

鞍上が馬に何も考えさせず走らせたリハビリの過程において、スランプであったということよりも、今年妙に体が増えていたことやそもそも若いうちから走りすぎていた可能性まで含め、何だか負のスパイラルから脱したような雰囲気があった。

間違いなく、前走で2番目に目立っていた馬である。

同じ策をとるとは思わないが、距離短縮で策を元に戻す可能性もあるレーヌミノル含め、好位付けしたい馬は多い。

せっかくの新味に、不味いことが分かっている普通の策が、今回いきなり復活の作戦に繋がるとは、誰も思わないはず。

行くにしても、総マーク状態になること請け合いである。

下手に動く手はとらない。

謎多き良血シャイニングレイ共々、決まった作戦はなくても、人気になりすぎなければ面白い素材は、注目が他にいっている時が狙い目。

過大評価されていない馬は、自由に競馬できそうだ。

阪神は少し馬場が重くなってきた。

◎シュウジ

○シャイニングレイ

▲イスラボニータ

注ダンスディレクター

△キャンベルジュニア、ビップライブリー、モズアスコット、レーヌミノル


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

タグ :   

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方