2018年フェアリーS レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

フェアリーS -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

ここで狙いたいのは、非GⅠ出走組でも人気にある程度推されそうなトロワゼトワル。

彼女のキャリアは、これまで中京のマイルと休み明けの前走が東京のアルテミスS。

今更、平坦コースを使う意味はないし、ただ賞金加算を狙うだけなら、エルフィンSなどで勝負手を打ってくればまず凡走はないレベルの馬だろう。

でも、前走の内容は、人気に推されたわけではないにしても、母父ハーツクライの死角である若いころはどうしてモタモタする…、という内容で、終始勝ち馬にして後の2歳女王となったラッキーライラックの後ろを回ってきながら、スパートするスペースを作れなかった影響もあり、4着。

充実するまでは…。

新馬戦からマイルをこなせる馬は、父がそうであったように、あまり多くはない。

現に、トロワゼトワルはアルテミスSでほとんど前の馬にぶつかりそうな感じで折り合いを欠いていた。

福永騎手としても、変に走らしてしまうよりは、足慣らしの言い訳ができる状況は、むしろ歓迎だったように思う。

今回はそうはいかない。

スローが当然のここで、強気ではないにしても、無理に抑えることはしないはずだ。

サヤカチャン辺りも賞金は足りないだろうが、グイグイ行くはずはない。

その他諸々に行かせたとしても、有力馬のスロー逃げでも、福永騎手は折り合えそうなところを競馬をしようとするだろう。

完成する時期ではない半面、スローでもパワー勝負の展開、またはハイペース対応の能力を全開という可能性は、奥行きのあるこの手の配合の馬にハマる条件ではないだろうか。

好敵手多しの重賞は合うはずだ。

◎トロワゼトワル

○レッドベルローズ

▲サヤカチャン

注スカーレットカラー

△テトラドラマ、プリモシーン、ライレローズ

スケール感は断トツのレッドベルローズは、何となくダノンプラチナに似た配合ということもあり、蛯名騎手が乗るとなると、あまり前には行かない可能性がある。重賞未経験馬だけに、相手本線止まりが落としどころか。

未勝利勝ちの組も捨てがたいが、上位人気勢はなかなか強力そうだ。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方