2018年日経新春杯 レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

日経新春杯 -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

力はミッキーロケット、距離適性は横一線で、例年より軽ハンディの馬が多い。

狙いは手広くでも、12頭立てではオッズとの相談もある。

キングカメハメハ、ディープインパクト、ダイワメジャーという組み合わせで決まるようなレースではない。

良くも悪くも、抜けた存在になれるかどうかは展開次第。

ロードヴァンドールは軽くハナを叩いていける相手だが、広い馬場でグングン行ってもさすがにもたないし、そこまで速いタイプではない印象。

一団にはならなくても、ハイペースは考えづらい。

初めてのコンタクトであれば、そういうことも想定しておかねばならないが。

だから、準オープンを勝てないような馬でも、ある程度のところまでは位置をとれる。

関東遠征で4戦全連対、関西圏での6戦すべて3着以下という不可思議な戦績を昨年は辿ったカラビナが、ちょっと臭い。

藤岡厩舎の馬は往々にして、騎手がコロコロ変わる。

ステイゴールドだからといって、特別扱いはないから、昨年も5人が携わった。

ゴールドシップはスイッチ最初が好結果というケースが多かったが、カラビナも康太騎手と田辺騎手には心を開いた。

後方待機で活路を見出したこともあるが、東京2000で究極の上がり勝負と破壊的不良馬場の双方で勝っているように、体が大きくなるに連れて、普通に流れに乗って走ることができるようになり、前走はついに中山2500という攻略難解のコースで、結果の出ていなかった隼人騎手騎乗で2着。幸騎手は2度目の騎乗。

暖かい時期よりこれからの季節の方が良さそうなこの馬は、解説の難しいノーザンダンサーの4×2を持つ。

ヘイルトゥリーズンを2本持つ愛産馬という珍しい配合の母だから、日本にツボのある条件は限られる。

急坂コースが合うようで、東京で2勝。

本格化後のキタサンブラックが条件問わずになっていったように、馬体が欧州型らしくなった今、これも小さな障壁にしてしまう可能性が彼には秘められている。

◎カラビナ

○ミッキーロケット

▲サンタフェチーフ

注ロードヴァンドール

△ガンコ、パフォーマプロミス、モンドインテロ

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方