2018年京成杯 レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

京成杯 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

何だか、ラッキーライラックに魔法をかけられてしまったのか、最近は石橋騎手の乗る馬に気が行ってしまうのだが、今回も昨年のサーベラージュの失敗を取り返す愚策とならないことを祈りつつ、堀厩舎の才能・デルタバローズに肩入れしたい。

大局的に見て、主な理由は二つ。

昨秋の雨馬場の経験は、雨が降ったアルテミスS優勝という約束手形を利して、ラッキーライラックが断トツの内容で2歳女王戴冠となった例を挙げるまでもなく、稍重だったサウジアラビアロイヤルC圧勝のダノンプレミアムと重馬場の萩Sでオープン馬になったタイムフライヤーと、素晴らしいパフォーマンスで2歳タイトルホルダーになった馬は全て、あの台風マンスの悪影響をものともせず、底力を示した者ばかりであった。

川崎の全日本2歳優駿で軽くGⅠを制してしまったルヴァンスレーヴやGⅠ2着馬であるステルヴィオは2回、それぞれかなり渋った馬場を体験し、結果を残した。

富士S当日の東京、レース施行時には重馬場だった1600戦でしっかりと人気に応えたデルタバローズは、その日のメインで圧勝のエアスピネルや翌週の主役キタサンブラックのような継続的な活躍、連続好走に肖ることもできなくはない。

ああいうレースの後に、無理に賞金加算を焦って使い込むよりは、しっかりここから使われて、万一にも失敗したところで、取り返しが利かないことになることも十分に防げる休み明けのローテーション。

加えて、2つ目に挙げたいのが、旧ホープフルSとラジオNIKKEI杯を合体させ、GⅠへと昇格したホープフルSの質の向上と開催日の固定は、唯一そこを使っていた馬のみ回避という状況からもわかるように、全体的に前がかりになる有力馬の出走傾向に、最も悪影響を及ぼされるのがこのレースではないか、という目算がある。

例年に比べ、2勝馬が少ないこと以上に、オープンキャリアがある馬がそれなりに存在し、昨年はそうでなかったとはいえ、葉牡丹賞でレイデオロの2着・コマノインパルス-デビューから3戦連続重賞馬に負けた・ガンサリュート-ホープフルS2着・マイネルスフェーンらが上位を占めた結果からもわかるように、それ相応のスパーリング相手がいた馬が、今年はほとんどいないことが問題。

強いて挙げるなら、実績の元・ホッカイドウ競馬所属馬であるダブルシャープと萩S5着のサクステッドにアイビーSで不良馬場を味方につけて押し切ったコスモイグナーツくらい。

人気になりすぎると怪しいジェネラーレウーノが、楽に前に行って押し切れそうな雰囲気が、返って、怪しかったりもする。

この馬はまだ13頭以上の競馬は経験していない。

先行型はこういうことが重要な場合も多い。

中山で勝った名前も気になるイェッツトや崩れていないスマイルトゥモローの下・ライトカラカゼなども含め、距離がもつかも不明なデルタバローズも十分勝負になる組み合わせだ。

本命馬の強みに関しては、完全ダート血統のストームキャット系ながら、しっかりと番手から抜け出して快勝している点だ。

折り合えば距離は問題ないし、多少の乱ペースにも惑わされない多頭数の道悪競馬での経験がある。

強気に押すだけではないはずだが、石橋騎手もやることはしているという重賞の内容が続いているから、普通に好位付けでも楽々抜け出しはあり得る。

案外、広い馬場の持続力勝負より小回りで位置取り争いで優位に立てる条件の方が合うかもしれない。

◎デルタバローズ

○ジェネラーレウーノ

▲ダブルシャープ

注スラッシュメタル

△イェッツト、サクステッド、ライトカラカゼ

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方