2018年東海S レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

東海S -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

強気に行ってもらいたい。

古川騎手をプッシュしたい。普通にやれたら勝てる。

もちろん、3着外しはまずいのだろうけど、本当は強いだろうゴールデンバローズやアスカノロマンといった古馬とここにきて元気な7歳馬・ディアデルレイ…。

テイエムジンソク含め、対抗株ながら秋不振のモルトベーネとて6歳馬。

パワー勝負の踏ん張り合いでは有利なスピード勝負に持ち込めるテイエムは、準オープン時代の惜敗の時とは違う「2着」を前走で披露した。

とんでもないところから追い込んできたゴールドドリームには敵わなかったが、直後に有終の美を飾ったコパノリッキーには、相手の流れにさせながら、実は自分のリズムで大まかにいえば勝てる流れを作って、それはきっちり負かしている。

リッキーも小回りで何度もコーナーを回る競馬は苦手で、左回りだとその縛りが少しやわらぐというタイプだった。

まるで未経験、東京、新潟も行ったことのないテイエムジンソクは、歴戦の猛者を、あまり経験のない直線の長いコースで、初GⅠを堂々の2着としたわけだ。

みやこSの楽勝で、筆者は色々なマイナス面がある中で、全くGⅠ馬に見劣りしないという印象をもって本命にしたチャンピオンズCだったが、先行馬ペースがかえって、テイエムのスピード能力を最小限のものしか出させなかった部分もあり、そういった勝負にはあまり縁のなかった古川騎手が、なぜ負けてしまったのかと悔しがるのも理解できないことではない。

ただし、実は不利の多かった前走を経験したことで、ここではまるで別格の馬になれる。

マリーンSでは逃げて圧勝。それより中身の濃い好位抜け出しがうまく行きかけた前走は、レースレコードタイ以上の経験値を得たはずであり、また逃げることも可能なメンバー構成。

死ぬほど強いテイエムジンソクを見てみたい。あの日、初ダートで強かった父のように。

もしそうなれば、相手も力のある馬しか残れない。

結果的に、堅い決着になりそうだ。

◎テイエムジンソク

○ディアデルレイ

▲モルトベーネ

注ゴールデンバローズ

△アスカノロマン、クインズサターン、ローズキングダム

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方