2015 シンザン記念予想

JUST競馬予想ブログ

シンザン記念 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 


一応、月曜日のメインレースとして注目のフェアリーSには、それこそ先週の金杯と似て、再チャレンジのためのきっかけ作りにしたい先々楽しみな馬もいないわけじゃないから、コースは難解でも、狙い撃ちしやすい部分もある。
ただ、日曜日のGⅢはというと…。

ここまで何度も期待を集めたナヴィオンにとって、このシンザン記念は失いかけたプライドの回復とともに、どういう道を今後辿ろうが、いい加減勝負の形を固めないといけない過渡期に差し掛かっているように思う。
鞍上にとっても、先々のことを考えて途中から手綱を譲り受けた経緯も含め勘案すると、人気になったからと言って今更ジタバタできない立場にいると想像できる。
信じることを第一にすべきよく知るパートナーに対し、好位抜け出しの策をここで繰り出してハマったとしても、勝つことだけに固執した結果オーライの回答を出しただけになってしまう。
無理もしないし、人気にもある程度応える策をとったら、普通は番手につけることはしないはず。
掛かる以上、逃げることだけは考慮せねばならないが、なら逃げるという馬はいそうだ。

別に、この馬が軸であろうがなかろうが、あと最低2つある枠を埋め合わせる必要はある。買い目はどうであれ、絞って勝負しにくい1勝馬が全12頭中10頭を占める関係性から、ジェンティル、ギムレットのような名馬になぞられる3頭のフレッシュな好素材に絞って、中心馬を選ぶことにした。

筆頭は、2戦2連対のダッシングブレイズ。高速決着だと怪しいが、マイル戦向きのパワーは備えているから、秘めたる?ダート適性がどう出るかに、取捨のポイントがある。いつかダートを使う身分になる気はする。穴なら厚めに買いたい。
ディープなのに、新馬戦からダートを使われ、人気に応えて見せたクイーンズターフ。来たら来たで納得だし、いきなり勝っても不思議じゃない決め手はありそうだが、クラシックに直結する最近のレース傾向から、これも押さえまでが妥当。

消去法ではあるが、もう狙いたいと思える存在は、千両賞では可もなく不可もなしという微妙な結果ながら、京都の新馬を勝っているロードフェリーチェを置いて、もう他には…、となってしまった。
見立ては色々あっても、あくまで一番上を見て戦うべき競馬には違いない。
ディープスカイを作ったコンビで、もうそろそろ重賞で結果を出したいハービンジャー産駒が、あのロカのような2戦目を経てまた京都なら面白そうだし、一族に驚異の存在として刹那に輝いたトリプティクがいることも底力を裏付ける根拠にもなろう。

ただし、それはロードフェリーチェが出世することを前提とした狙い方であり、むしろ、500万で完敗した馬をここで推す理由にはならない。
唯一、その時勝ったアンビシャスが、自分と同じ京都1600の新馬を制して、そのまま勢いに乗って連勝できた理由が、適性で他を上回ったとするなら、まだチャンスは残っている。
その点で、ハービンジャーは2000Mを超える距離に向くタイプ以外は、往々にして平坦巧者になりやすいのではという仮定をしてみたい。そうすれば、ここでも好勝負だろうと言える。
そういう存在ではあってほしくないが、他よりは…、という括りではこの馬がベストチョイスのように思う。



指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R 【無料提供】
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018年9月17日 中山5R 【無料提供】
1着 ケンデューク  1番人気(指数1位)
2着 バカラクイーン 3番人気(指数4位)
3着 エタニティマリー  13番人気(指数5位)
 ⇒ 3連単 11万1,200円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方