2018年根岸S レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

根岸S -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

どうしても狙いたい馬というのはいないが、ダート重賞では滅多にないフルゲート割れの14頭立てで、本番にはあまり繋がりそうもないメンバー構成。

いや、ここで勝てば再度浮上のメンバーはいても、むしろ、厳しい展開のマイル戦の方が向いていそうな馬だから、ちょっと本線では狙いにくい。

というか、楽しみを取っておきたい、というのもある。

ノボバカラから入りたい。

4歳時に暖かくなった頃から一気に力をつけ、その年にまとめて重賞を3勝したのものの、昨年は体調が良くなかったか、走る気に問題でもあったのか、盛岡の南部杯で一度激走した以外、ほぼノー感じの負け方。

ただし、オープンクラスに上がってから得意距離とした1400M戦で、実はほとんど走っていなかったのも事実。

昨年はまるでレースにならずに殿負けのこの馬だけに、同じレースで狙うのはどうも筋悪の気配も漂うが、そのショックが陣営のちょっとした勘違いを誘った可能性も戦績から見て取れる。

一息入れて、ずっと使いたかったのか、夏のスプリント路線に乗せて2戦、最初の高速決着の函館スプリントSこそ驚異の上がりで脚力を示したが、それでおしまい。

マイルの距離でやや時計の出やすい盛岡の南部杯で走れた根拠は、函館での芝の経験もあったのだろうと思えるが、4歳時に1400重賞2勝した後、タイトな展開を作って逃げ切ったカペラSなど、思われているよりずっとタフな展開を好む傾向があるので、昨年ドスローで惨敗のこの根岸Sなどは当然度外視できるし、1200ではちょっと忙しすぎる雰囲気も出てきた馬だけに、本来得意の条件で一発を期待するのも、案外面白みがあるように感じる。

若い頃には騎乗していた北村騎手が鞍上。

それが前回からの再結成で、強気に押した方がいい面を素直に引き出すかは不明な点も多いが、妙に折り合い重視を狙って失敗を続けているモンドクラッセがいるくらいで、多少のプレッシャーはむしろ歓迎の彼だけに、楽々先行の図も望み薄ではない。

前走は中山の割に速くはなく、それを途中から追い上げていっての展開はさすがに中途半端だったと感じているはずだから、引く手は考えなくていいだろう。

ノーザンダンサーの3代続いた継続クロスに目を惹かれがちだが、その奥にある異系色の強い血が多く、主流偏重の現在では非常に珍しい配合と言える。

そういう馬は、突如として走る気のスイッチが入ったりする。

◎ノボバカラ

○ベストウォーリア

▲ラブバレット

注カフジテイク

△キングズガード、サイタスリーレッド、サンライズノヴァ

地方馬は例年より遥かに強力。本命と血統構成が似ているラブバレットの方が、この条件に合いそう。

あとは、フェブラリーSでは狙いたくない順で有力馬を押さえていく。

カフジテイクは相手筆頭でもよかったが、どうも武蔵野Sを見ていても、今はマイル以上の方に向きそうな気がしてならない。

今は先行激化の展開の方が歓迎の可能性がある。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方