2014 フェアリーS 予想

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

フェアリーS -予想-

読了までの目安時間:約 2分

 

今週の重賞予想は大分難解。
ほとんど決定的な牡牝両チャンピオン誕生の運びから、そこに至る主要重賞の好走馬が力負けしたことと、GⅠで好走馬を送り込んだ重賞の好走馬がほとんどいないという組み合わせで、これでは春は…、と出走予定馬一覧を見た時呟いてしまった。

シンザン記念のあと一頭を絞るのが困難、という感じではないフェアリーSは、スローになりやすい特殊な1600戦なので、マイラーである必要はなく、その実績に乏しいメンバー構成から、コスモネモシンのように中距離適性が持ち味になりそうなエヴァンジルにチャンスありと考える。

新馬で全く人気がなかったのに2着になって、その内容を買われ中山1800戦で1番人気に応えた内容は、外から追い込んでからわずか3週後とは思えないほど、勝負強さが目立ったイン強襲だった。
本来は、外から差したいのだろうが、そうではなくても勝負になることを証明した。

先週、京都のマイルの新馬で人気薄ながら快勝したバトルクライスの近親で、父は気難しいスピード型を時に出すブラックタイド。
弟ほど子だしがコンスタントじゃない分、よくわからない理由で穴をあけることもしばしば。
前走の内容が良かっただけに、人気の一角と目される可能性もあるが、相手は軽い。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方