2018年きさらぎ賞 レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

きさらぎ賞 -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

一頭、未勝利勝ち上がり直後の馬で買いたいのがいたのだが、残念ながら回避。

この時期に勝ち上がった馬。力を出すべき舞台は、まだ先にあると考えるのが自然か。

◎カツジ

○ダノンマジェスティ

▲レッドレオン

△サトノフェイバー、ラセット

これにグローリーヴェイズを入れるかどうかの、厳密には、ミルコを買うか否かの判断があるくらいの組み合わせ。

アメリカJCCはうまいこといったが、先週のあのやる気のなさは、ラフプレーがあったとも思えない状況で、やや不可解。

ここ2年、この辺から春まで驀進ロードを突っ走る騎手だけに、この先を見据えて、ちょっと様子見としたい。

狙うなら、きっちり頭からがいいタイプ。何となく、気分が今週も乗らない可能性がある。

本命にしたカツジは、ディープ×メリッサの良血馬。

新馬戦の京都内回りの1600戦で、あの雨の憂鬱が続いた季節に、センス良く中団から楽に抜け出して勝ち上がり、デイリー杯もしっかりと2着に入った。

良血特有のセンスの良さというのもあるだろうが、本質は距離短縮で持ち味前回の可能性を秘めるも、ここ2戦は総合力で上位台頭の好内容が続いている。

母系は日本を代表する在来牝系の祖であるフロリースカップから連なる名血。

サンマリノを経た彼の近親は、GⅠには足らないまでも、ヒンドバース-オカノブルーのラインは中距離に活躍馬を多く出してきた一族。

メリッサは気性の関係で短距離志向が強かったが、ホワイトマズル×トニービン。

何となく、京都でここまで3度使ってきた理由がよくわかる配合である。

適鞍も東京などよりはこちらの方が多いし、平坦巧者ぶりが一族の特性。

キレなどで上回るだろうダノンマジェスティとて、京都であっさり先着となれば、もうここでは勝負付けは済んだことになる。

この2頭の動きを注視しつつ、ディープ産駒の流れがどこまでのものか、この辺りで正確に状況の把握を行いたい。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方