2018年東京新聞杯 レース展望

JUST競馬予想ブログ

東京新聞杯 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

 

好メンバーであり、妙な乗り替わりも散見される興味深い一戦。

アドマイヤリードなどは幸四郎騎手が引退後は、とりあえずトップレベルの騎手を乗せていたところがあるから、康太騎手に替わるのは不思議な展開ではない。

ただ、

ダノンプラチナ 蛯名→田辺

グレーターロンドン 田辺→川田

という展開に関しては、何とも思惑が読み切れない。

カデナ 福永

リスグラシュー 武

デンコウアンジュ 蛯名

らの継続騎乗も、カデナは鞍上が他とバッティングしていないこともあって、複雑の方程式の中でたまたまこうなった部分がある。

クルーガー 浜中

ダイワキャグニー 横山典

落ち着くところに落ち着いた印象のコンビは、あとは普段からしっかりと関係性が築けていそうな、

サトノアレス ルメール→柴山

替わり以外、よくわからないコンビが大半を占める組み合わせだ。

例年は前が残るのが通常。

前走、漁夫の利とはいなかったが、初めて差す競馬で形を作れたダイワキャグニーを、得意の条件でこのメンバー、この騎手ということで、読める要素が多いから中心としたい。

キングカメハメハ産駒だから、500kg弱の馬体は余計なものがあったとして、絶対的な決め手でサンデー系の大半の馬にはどう絞ったところで、適うわけでもない。

南半球を経て、北米に移ってレイズアネイティヴ系のコースタルをつけられ、キャグニーの母トリプレックスはサンデーの産駒。

これが小倉で全4勝した中距離馬。

ファインモーションが我が物顔で馬なり楽勝していたローズSの4着馬でもある。

これも当時はまだ内回りの2000M戦。

ところが、この直仔にあたるダイワキャグニーは東京の中距離カテゴリーでしか、まるで用なしの結果しか残せていない。

まさか、気性面のやや難しい部分が、こうした趣向に影響しているのかもしれないと思いつつ、単純に他の馬が控えた時の方がやりやすいタイプということで、大体のキャラ説明は可能。

ダービーは長すぎて、毎日王冠ではGⅠ馬多数参戦の中、正攻法で4着粘り込み。

当時からの人気馬であるグレーターロンドンとは、当時2kg差で今回全くのイーブンというのは不利といえば不利だが、金杯で揉まれながら、最後は何とか形を作って勝ち馬と2馬身ほどの差に詰めたことは、今までにない進境があったように感じる。

弥生賞で番手折り合いに四苦八苦して、直線失速。

一年も経たないうちに、まだキャリア8戦でこの変化。

思われているより、末がある程度使える馬になってきたということか。

一線級で1800戦では、さすがにキレ負けするが、この距離で自在型。

昨年快勝のブラックスピネルが距離短縮でうまくいった例になぞられる部分は、大いにある。

2走前のキャピタルSでは、ここは十分威張れる1:32.6で乗り切っている。

プリンシパルSは3歳春で、これは1:58.3で圧勝。

自分で時計と作ることにかけては、武豊騎手と比肩する鞍上だけに、策には問われずれとも、求めるものは必然的に巧みなレース運びとするのは目に見えている。

差し馬に有力馬が多い。

マークされる死角を乗り越えられそうな今、またしても東京で勝利するシーンが思い浮かぶ。

◎ダイワキャグニー

○グレーターロンドン

▲サトノアレス

注ダノンプラチナ

△アドマイヤリード、クルーガー、リスグラシュー

 

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方