2018年京都記念 レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

京都記念 -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

ここは大人しく、

◎レイデオロ

○モズカッチャン

▲アルアイン

△クロコスミア、ディアドラ

実質、このレベルの競馬であれば、クリンチャーやミッキーロケットも消せない一方、対レイデオロで何ができるかという構図も見え隠れする。

実際問題、ここで結果を求めているのは、意外と今後に向けた足がかりとなる要素を見つけておきたい本命馬だったりする。

この厩舎だけに、いきなりのレースではヘグるというのは、その昔は非常に多かったので不安も多いが、いくらテン乗りとはいえ、そこはベテランのバルジュー騎手。

卒なく乗ることに徹すれば、大いに苦しめられる相手関係ではない。

ダービー後の、実に安定した走りが、それを雄弁に証明している。

ただ、かつてJC連覇後のジェンティルドンナが、ひどいコケ方をしたことは記憶に新しいわけだが、その時の馬場状態と似た雰囲気はある。

というか、ここ数年見事、毎年のように道悪になっている。

良馬場なら、好カード連発のこのレースだけに2分12秒台での決着が基本。

強い馬が多すぎると、牽制のし合いでひどく流れない年もあるが、今年は一応牝馬で行ける、やや距離がここでは長いタイプの馬もいる。

有力馬は自分の競馬に徹すればいい。

ここ数年、前期の道悪の影響もあるのか、ややダート色の強い種牡馬の産駒が強い。

サトノクラウンは無類の道悪巧者だけに、ほぼ例外的な扱いとなるが、ダートでも活躍していたデスペラードでも奇策を弄したとはいえ、快勝している。

キングカメハメハ等ミスプロの入った血統の馬がよく走っている。

牡馬はその点クリアしているが、微妙な馬場状態がハービンジャー牝馬に影響しないとも考えられなくはない。

まあ、不良馬場でなければ、むしろ歓迎だろうが。

高速のアスコット・キングジョージ圧勝馬の産駒が、遅い競馬で大活躍というのは、ある種奇異だ。

日本の馬場が速すぎるという考え方もあるが。

月曜クイーンCは、フェアリー3着・レッドベルローズから。福永手戻りのキレに期待する。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方