2018年阪急杯 レース展望

JUST競馬予想ブログ

阪急杯 -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

昨年のシュウジのことはあるが、今年は本命候補にGⅠ馬が混ざっている。

18頭、実に多士済々のメンバー。

そういうレースだからこそ、というのもあるが…。

怪気炎を上げ続ける安定感あふれる伏兵という評価をここらで一変させたい関東馬・ディバインコードを、意外性ではないところで狙い目十分と見て、ここは穴狙いとして買ってみたい。

ここまで東京のマイルの重賞では2戦して4着以下だが、それ以外に関しては、【3340】という好内容。

勝てはしないが、いつも健闘するというよくいるタイプのエース級だ。

まあ、重賞ではほとんど完敗という結果だから、見た目ほどは信頼に足る本命とはなりえないのだが、マイル未満の距離では一度も崩れていないのは強気になれる。

1400Mしか使っていないのは、一定の距離に対する対応力を見極めたいということより、GⅠに適距離がないため。

そうこうしているうちに、意外なハイレベルとなった東京新聞杯でリスグラシューと2馬身弱の5着に、好位から粘り込みで入線。

姉はワンスインナムーン、母ツーデイズノーチスでややスピード型の配合。

マツリダゴッホという名が気にかかるが、この一族も案外長い距離に本質的に向くわけではないから、1400Mでハイペースもスローペースも関係なく上位入線できる安定感は、こういう誰も見ていないような状況では、とても面白みのあるタイプに思える。

ゆっくりと体も大きくなり、若い頃より中身が伴った善戦マンは、姉の進んだ成長ロードと瓜二つ。

一気に姉越えの重賞制覇は、決して夢物語ではない。

時計勝負も一定レベルまで対応可能なのは、開幕週の競馬では有利。

色々なタイプの馬に流したい。

◎ディバインコード

○モーニン

▲モズアスコット

注レッドファルクス

△カラクレナイ、ダイアナヘイロー、ペイシャフェリシタ

モーニンに関しては、初芝を1:20.1で駆けたことを評価したい。

少なくとも、昨年3着のナガラオリオンよりは強い。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方