2018年大阪杯展望

JUST競馬予想ブログ

大阪杯展望

読了までの目安時間:約 3分

 

さて、何ってたってブラックで鳴らした王者がいなくなり、次世代の権力闘争へと推移した復活組対新興勢力の構図が、いよいよこの大阪杯から始まる。

前哨戦たる京都記念は、道悪とスローペースで、結局、タフな菊花賞を戦った2頭による決着。

良馬場の古馬タイトルに届いた、少し負けただけの2頭は、自分のリズムで走れず、完敗を喫してしまった。

ただ、本命支持のレイデオロは、予定通りにドバイへ向かうようで、こちらに大きな影響を与える変化はなさそうだ。

宝塚記念へのコネクションが、昨年は連続好走という形ではないにせよ、うまく繋がったという印象で成功例を示した結果になった以上、秋への展望も含め、GⅠレースとしてのステータスは、もうすでに確立されているように感じる。

最終目的を据えている馬は、GⅡ時代からこのレースで人気に飲み込まれることはなかった。

直後の天皇賞、そこから宝塚記念なりもっと大きなタイトルを目指したりと、何かに目標を据えるというのは、レースの開催時期に起因する特性からも、一番大事にしないといけないものがある。

有力馬の注意事項をまとめておく。

サトノダイヤモンド

金鯱賞で求められるのは、結果ではなく、末の安定感が戻っているかどうかの確認。

不利があることの多い、多頭数の中京の中距離重賞は、他場との互換性が極端にないので、勝ち切ることに主眼を置くと、チューニングがおかしくなる。

立て直されていれば、3着くらいで十分。

スワーヴリチャード

休み明けでも走れるが、サトノダイヤモンド同様、詰めて使ったことがまだない。

叩かないと、皐月賞以上に中身のないレースになりえるし、有馬もいい内容とは言えない。

あの展開でも、阪神ならもっと惜しかった可能性もあるが、位置はとらないといけない。テーマのある前哨戦かが、好走のカギを握る。

シュヴァルグラン

もう6歳。距離は短いし、休み明けも怪しい。

でも、ここで崩れると直後の天皇賞も怪しい。昨年は勝ち馬がそのまま春天の覇者になった。

阪神は比較的得意…、という理由で使ってくるのだろうけど、難しい存在だ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方