2018年チューリップ賞 レース展望

JUST競馬予想ブログ

チューリップ賞 -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

翌日の弥生賞と違い、阪神ジュベナイルフィリーズを使っている馬にとって、たとえ、そうではなかったとしても、この阪神のマイルコースで3歳牝馬が重賞レースに参戦すれば、一定の能力を持っていないと苦しいし、力のある馬は簡単に走れる条件。

ある意味、本番の桜花賞よりも最近は名レースが多い気もする。

どういう買い方がいいか。それ以外は、結果の分析に主眼を置くべきことは、メンバー構成を見るだけにすぐに結論付けられる話。

◎ラッキーライラック

○リリーノーブル

▲スカーレットカラー

注シグナライズ

△マウレア

ひと叩きで一変もありそうなカレンシリエージョや道悪の京都でマイルの未勝利戦を好時計勝ちしているレッドランディーニなども気になるが、前述したとおり、前哨戦的な意味合いもありつつ、実際の話、もうほとんど本番のようなレースレベルになってしまう面もあるのだ。

桜花賞はおろか、この結果如何で、秋華賞までの概要が見えてしまうようなレースが、このチューリップ賞。

クラシックトライアルに、そのグレードの変化は大きな意味合いを持たない。

4着馬に優先出走権を与える新条件が加えられたわけではないからだ。

JFの内容から見て、総合力でラッキーライラックがまた抜け出す可能性はあっても、それが意味もなく名もなき刺客に敗れるシーンは少し考えにくい。

新馬勝ちから連勝で2歳女王になった馬や関東馬でない限り、まずここで有力と目された馬が崩れるシーンは考えにくい。

同時に、末が続くようなイメージは湧かないリリーノーブルも、キレではマウレアなどよりも上。

トライアルなら、逆転の女王戦2着馬という、あるあるの展開も想定内。

本格派のようで、前走パワー不足を露呈の3着馬は、タフなレースの後で上がってしまうような3着では少し寂しい。

それでは本番は…、ではあるが、白菊賞でリリーの2着だったスカーレットカラーも重賞2着馬。

ここでは力は上位にある。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方