2018年フィリーズレビュー レース展望

JUST競馬予想ブログ

フィリーズレビュー -予想-

読了までの目安時間:約 5分

 

牝馬重賞並立のトライアルがメインの開催3週目の日曜競馬は、ちょっと前の形に戻して、土曜日に中山牝馬Sが移った。

ところが、それは金鯱賞を日曜開催にするための施策。

その金鯱賞が豪華メンバーの割に、多分に危険要素を孕んでいる組み合わせと来たものだから、ここは素直に、桜花賞に繋がらないトライアル・フィリーズレビューの予想に傾注することにした。

仕方なしにというよりは、色々なパターンが考えられるレースを予想する方が、本当は面白いというのもある。

人気にはなるだろうが、新馬戦を落としてから、常に安定した結果を残し、あっという間に3連勝してしまったアンヴァルを推したい。

福島2歳Sの勝ち馬など、まずクラシック戦線には無関係とされる面もあるが、多少格は上でも、本質面で年ごとのレベル差が激しい小倉2歳Sなどと、本当は同列に扱える面もある。

で、秋の2歳重賞がかなり整備されたことによる完全なる使い分けの可能な状況は、ある意味で、2歳GⅠも桜花賞やNHKマイルCも目指さない馬にとって、実は、とても都合のいいルートが確保されているという側面があるのも事実。

昨年は小倉チャンピオンが紆余曲折を経て、本番の桜花賞でドカンと大駆けしたものだから、短距離路線が充実しているようで、結局のところ、それ以外の小倉2歳Sの出走馬や勝ち馬、そして、古馬含めたスピード型が未来を語れるような才能に恵まれているわけでもないから、今のところは、単発で登場する素晴らしい候補に目をつけるのが無難だろう。

小倉の初勝利時はハイペースを番手から抜け出し1:09.0で勝利。

次戦が京都の平場の1200戦で、不良馬場を1:12.1で独走。

返す刀で、体重減が止まらない中でも、福島に中1週で赴き、これも直線半ばで他を置き去りにする快勝。1:09.0だった。

高速馬場を好むかはともかく、香港スプリントを2連覇するような父のロードカナロアの存在感は、オルフェーヴルがいきなり大物を送り込んで騒がれるのとはまるで対照的な、実に小さなことからコツコツとタイプということもあって、目立っているわけではない。

でも、血統というより、キャラクターとして確立した無類の底力型・名スプリンターというインパクトが、数でも質でも、繁殖相手に困らない配合を味方につける形で、年明けからアーモンドアイの登場もあり、ここで一変してしまう可能性を秘める。

その最右翼はアンヴァル。

さらに、

アルモニカ 春菜賞快勝

除外で不出走のトロワゼトワルと、アネモネSで有力のレッドレグナント<サフラン賞勝ち>に、中京の未勝利戦好時計勝ちのレッドシャーロットはこちらに出てくる。

アーモンドアイほど迫力はなくても、来週は朝日杯好走のステルヴィオも登場の流れ。

その流れに先んじて、いや、ずっとリードすべき本質面の出た短距離型のアンヴァルに、母アル―リングボイス、祖母アル―リングアクトが進んだ早熟街道を歩ませなかった藤岡調教師には、ビッグアーサーの経験値というより、ロードカナロアの春以降における成長力の指標と、案外、エンジンの掛かりが遅い面を秘めた中距離型が多いというこれまでの結果が、今、オーバーフォールが順当な一手として、確実に彼女の才能を開かせる成功の流れになっていくはずという手応えがある気は、ちょっとするのだ。

ここに来て、最近再成長を遂げている佑介騎手を配してきた。

筆者は、勝負の形が整った状況と判断する。ワンカラット以上の期待感があるはずだ。

◎アンヴァル

○アルモニカ

▲ラブカンプー

初勝利時の2着馬が▲。これが行ってくれると、レースがしやすい。

△アマルフィーコースト、アンコールプリュ、コーディエライト、モルトアレグロ

あとは、実績上位馬と血統馬の底力に期待する。異質な盛り上げ役もこの路線には必要だ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方